やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電設備のチェックポイント » その他雑草対策や柵の設置など細かな点をチェック

その他雑草対策や柵の設置など細かな点をチェック

発電設備は機器そのものの性能だけでなく、その他細かな点までチェックしておく必要があります。どういった対策をとってくれるかで、良い業者なのかの判断もしやすくなりますよ。このページでは、太陽光発電の効率を左右する雑草・柵・ケーブルなどについてチェックしておきたいポイントをまとめました。

雑草対策が取られているか

太陽光パネルを設置している土地に雑草が生えてしまうとさまざま問題が発生する可能性があります。

雑草が太陽光発電に与える悪影響

  • パネル上に雑草が影を作った結果発電効率が落ちる
  • パワコン内に雑草が入り込み故障の原因となる
  • 景観が損なわれると近隣住民からクレームが入る可能性がある
  • 小動物の住み家となりケーブルが噛み千切られる
  • 万が一火災が発生したときに燃え広がりやすくなる

設置の際に防草対策が取られているかチェック

雑草に悩まされないために、太陽光発電設備を設置する際に、そもそも雑草が生えてこない対策が取られているかチェックすることが重要です。対策はブルーシートをしいたり、砕石を敷くなどさまざま。どれが一番良いということではなく、設置当初に対策が取られているかが重要なので、それを行わない業者は要注意です。

メンテナンスの際に除草しくれるかチェック

太陽光発電投資の際、契約している業者のほとんどは定期的なメンテナンスを行います。そのメンテナンス項目に除草作業が含まれているかもチェックしましょう。たとえ防草対策がとられていたとしても、自然が相手なので思わぬところから雑草が生えてくることもあります。

除草作業がメンテナンスの項目に含まれていない場合は、追加費用が発生したり、自ら行わなくてはならない可能性もあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

自分で雑草を除去する方法とメリット

雑草の除去は自分ででき、手作業による草むしりや草刈り機の使用、除草剤の散布、防草シートを張るなど、いろいろな対策がとれます。

自分で除草するメリットは、特別な専門知識がない素人でも作業ができることでしょう。除草にかかるコストも安く抑えられます。業者に依頼する場合は作業報酬がかかってしまいますが、自分で除草する場合はその必要がありません。しかし、どの作業方法で除草するかによっては自分の作業時間やコストなどが変わってきます。それぞれの作業のメリット・デメリットも知っておかなければなりません。

例えば手作業による草むしりは機材も道具も使わないのでコストが抑えられます。しかし時間がかかるだけでなく、草で手を傷つけてしまう恐れもあるのです。

除草剤の散布も1回あたりのコストが安く済みますが、散布する場所を間違えると周辺の植物にも悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。

防草シートはほかの作業よりも手間が省けますが、ほかの方法に比べて初期費用が高くつくという点がデメリットといえるでしょう。

自分で雑草を除去する方法は多くあり、それぞれにメリットもありますが、デメリットがあることも考慮しておかなければなりません。

業者に雑草除去を依頼するメリット

雑草除去を業者に依頼するメリットは、長い目で見たときにメリットがあるからです。

太陽光発電施設内の雑草除去は、目先の利益だけ考えると自分で処理してしまったほうがコストも安く済みそうですが、10年20年と長期利用する場合は業者に任せた方が得する可能性が高くなります。雑草除去を業者に任せることで、作業のスピードは格段にアップ。除去後の仕上がりも、一人で作業するよりきれいになるでしょう。

自分はその間に太陽光発電設備の別のメンテナンスに入れます。結果として発電設備の収益性向上につながるのです。

敷地内にある雑草がふくすう種類ある場合は、より専門業者を雇って雑草を除去してもらった方が楽です。さまざまな雑草の種類を見分ける知識を持っているため、それぞれの草に合わせた除去をしてくれます。草について詳しくない方、どの対処法が妥当なのかがわからない方は業者に任せるのが無難でしょう。

最初で雑掌除去にコストをかけておけば、あとは少ない雑草のみになるので手入れが楽になります。そうすれば自分で定期的に手入れをしながらメンテナンスもできるでしょう。

長期的な目で見た場合、雑草除去を業者に頼む方がお得になるので、長い間維持したいという方におすすめです。

自分で雑草を除去するのにかかる時間

雑草除去にかかる時間は敷地面積や除草方法にもよりますが、自分でやるのと業者に任せるのとでは、自分でやるほうが作業に時間がかかることは間違いありません。なぜなら、自分で行う場合は労働力に限りがあるからです。

業者が行う場合は除草範囲に合わせて人員を増やすことができますが、自力で行う場合はそういうわけにはいかず一人で行うことが多いので、その分時間がかかります。最も時間がかかるのは手作業で、除草範囲にもよりますが、一日で終わらない可能性が高いでしょう。範囲が広く、しかも一人で行うとなると、丸一日はおろか、数日かかることもあります。

草刈り機を使用すればかなりの時間短縮になりますが、その場合でも、完璧に仕上げようとすれば数時間はかかるのが一般的です。

雑草除去に費やす時間は季節によっても異なり、草が伸びてくる春と秋はとくに多くの時間がかかることを覚悟しなければなりません。ちなみに雑草除去にかかる時間について考えるとき、除去作業の時間だけを想定するのではなく、設備がある場所まで移動する時間も考慮する必要があります。太陽光発電設備を設置した場所が遠く離れている場合は移動時間も多くかかるため、それだけトータルでの作業時間が長くなります。

業者に雑草除去を依頼してかかる時間

雑草除去を業者に依頼する場合は専門知識やノウハウ、経験などを持っている人間が作業を行うので、自分で行うよりはるかに早く効率よく作業を完了させることができます。

最も時間がかかる方法は手作業での草刈りですが、業者は複数の人員を動員することができるので、人海戦術により早く仕上げることが可能です。これに草刈り機と除草剤を併用すればさらにスピードは早くなります。除草範囲にもよりますが、一日で完了させることもできるでしょう。

雑草除去で一つ難題となるのは、草木の種類や状況に合わせて最適な除草を行う必要があること。しかし業者には専門知識と経験を持ったスタッフが揃っているので、その点も心配ありません。常に状況を考えながら、最適な方法で処置を行い、スピーディーかつ効率よく仕上げてくれます。

このように考えていくと、雑草除去は自分で行うより業者に依頼したほうが早く終わります。依頼者本人は雑草除去を業者に依頼するだけなので、何もすることはないでしょう。業者に対して除草する場所をあらかじめ指定しておけば、直接現地に足を運んでくれるので、依頼者本人が出向く必要もありません。

雑草除去は業者に依頼したほうがいい

雑草除去は自分で行う方法と業者に依頼する方法がありますが、おすすめは業者に依頼することです。その理由について手間や時間を比較しながら紹介しますので、チェックしてみてください。

業者に頼めば手間がかからない

太陽光発電設備の雑草除去を業者に依頼すべき第一の理由は、業者に頼めば手間がかからないということです。

自宅の小規模な庭の草刈りなら、自力で行ってもそれほどの手間はかかりません。しかし設備の敷地面積が広く、草が広範囲にわたっている場合は、自力で行うとかなりの重労働になります。

作業が長時間に及べば足腰への負担も重くなり、手間がかかるどころではありません。こうしたことを考えると、太陽光発電設備の雑草除去は業者に依頼したほうがいいでしょう。

自由に使える時間が増える

雑草除去を業者に依頼するメリットの一つは、依頼者が自由に使える時間が増えることです。

業者に依頼するということは除草作業の一切を業者に任せることになるので、依頼者は自由に使える時間が増えます。その時間を有効活用して発電設備への投資効果を高める工夫を行うことができるでしょう。

投資効果を高めることができれば、その分、利益率の向上も期待できます。除草作業を全て一人で行う場合のことを考えれば、こうしたメリットの大きさが分かるでしょう。

怪我の予防など安全性も高まる

雑草除去はシンプルな作業に思えるかもしれませんが、意外に難しく、経験の少ない人が行うと、雑草や草刈り機で怪我をしてしまう可能性があります。

また、真夏の炎天下で草刈りを行う場合、熱中症にかかるリスクも。ヘビやハチなど虫に刺されたり噛まれたりするなど、案外危険が多いものです。

こうした危険も専門業者に依頼することで、全て回避することができます。手間や時間だけでなく、安全性という観点から見ても、除草作業は自分で行うより業者に依頼したほうがいいでしょう。

コストが低くなる可能性がある

太陽光発電投資を長期に渡って行う場合は、除草作業を業者に依頼するとコストが低くなる可能性があります。

一般的には自分で作業するほうが費用が安くなると考えられていますが、それはあくまでも作業を無駄なく効率よく行った場合の話です。経験の乏しい方が除草作業を行うと、失敗ややり直しを繰り返すなど効率の悪さが響き、結果的に費用がかさんでしまう可能性が高くなります。

逆に業者に依頼する場合は、専門知識を持った経験豊富なスタッフが作業を行うので、失敗やロスが少なく、効率よく仕上げて、余分な出費が発生しません。

草刈り後の処理でも業者は頼りになる

除草作業は、草を刈ってそれで終わりというものではありません。草刈りを終えた後、大量の雑草を処分しなければならないのです。

雑草の量が多ければ、それだけ処分にかかる時間と手間も多くなります。これを本人が一人でやるのはかなり大変でしょう。しかも、雑草の処分は適切な方法で行う必要があるのです。

しかし、こうしたことも草刈り業者に依頼すれば、首尾よく適切な方法で処理してもらうことができます。

強度・高さのある柵を設置しているか

50kw以上の発電量がある太陽光発電施設は柵の設置が法律で定められています。しかし、柵の高さや強度までの指定は法律で定められていません。子どもの侵入や盗難防止を考えると少なくとも2m程度の高さが必要でしょう。

トラブル事例として子どもが柵を乗り越えて、侵入し感電してしまった例があります。しかも安全対策に不備があったとして裁判にまで発展しているのです。そもそも強度や高さがあり安全対策がしっかりと取られた柵だったら、裁判沙汰にまでなっていない可能性が高いので、しっかりとチェックすることが重要です。

ケーブルに対策が取られているか

電気を送受するケーブルをむき出しのまま設置している発電施設があります。屋外で太陽の光や風雨の影響を受けると劣化が早まるため、ケーブルには保護カバーをつけたり地中に埋めておくのがベスト。また、埋めておくと盗難リスクも減らすことができます。業者選びの際に、実際の施工事例などを見せてもらってケーブルをどう設置しているのか確認しましょう。

劣化や故障、盗難などによってケーブルの交換が必要になると運用の再開までに200万円以上の損失が出るケースも。そうなると、想定通りの利益が得られなくなる可能性があります。

重要なのは太陽光発電投資を依頼する業者選び

太陽光発電投資を行う際は、雑草・柵・ケーブルなど見落としがちな設備にも配慮する業者選びが重要になってきます。こうした部分を見せたくないという業者は選ばないようにしてください。20年以上投資していくことになるので、信用できない業者は選ばないのが吉です。

あわせて読みたい記事