やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電向けコラム

太陽光発電向けコラム

【2020年度】太陽光発電システムの買取価格はいくらぐらい?

パネル
これから太陽光発電システムの導入を考えている人にとって、どれくらいの金額で売電できるのかは気になるところです。ここでは太陽光発電システムで得た電気について、2020年の動向や実際の買取価格相場などについて紹介します。
続きを見る>>

【体験コラム】太陽光発電投資の融資について

パネル
年収300万円のサラリーマンが副業で始める太陽光発電投資の融資について解説します。信販・金融機関・公庫と分けメリット・デメリットを説明していきます。それぞれに特色があり、違いがあります。それぞれのメリットを生かしつつ拡大していきたいですね!!
続きを見る>>

【体験コラム】太陽光発電を副業で始めよう

パネル
実際に太陽光発電所を運営している元年収300万円のサラリーマンが、副業を始める時に注意すべき点を解説しつつ、太陽光発電事業を通して自分の人生をよくしていきましょう!!共働きにプラスして太陽光発電が働いてくれる生活を目指して!!
続きを見る>>

【体験コラム】年収300万円サラリーマンから太陽光発電事業者への4年間

パネル
年収300万円の普通のサラリーマンが太陽光発電と出会い、9基まで拡大させていく過程とその熱意の源泉を紹介していきます。20代の時間とお金をすべて費やして元自営業から税理士事務所職員・そして太陽光発電事業者への転身
続きを見る>>

【体験コラム】太陽光発電投資家が語る太陽光の現状とリスク

パネル
実際に太陽光発電に投資している筆者が、太陽光発電所は儲かるか?どんな所に気を付けたらいいのか解説します。正しくシミュレーションをし正しく売上・経費・収支を計画しましょう。いくつかの落とし穴を回避出来れば上手くいきます。
続きを見る>>

太陽光発電はどのような法律のもとで活用される?

天秤と木槌
太陽光発電システムの設置および運用については、法律のもとに管理されています。では、太陽光発電にかかる法律にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、太陽光発電はじめ再生可能エネルギーに関するさまざまな法律について解説します。
続きを見る>>

太陽光発電に対する税額控除が受けられるケースって?

イメージ画像を指さす
太陽光発電を導入・運用するにあたり、ケースによっては税額控除を受けられる場合があります。では、税額控除が適用されるケースとはどのようなものでしょうか。今回は、太陽光発電で税額控除を受けられるケースについて、また適用される税制について解説します。
続きを見る>>

太陽光発電は災害時にどのように役に立つ?活用法を紹介

雷
太陽光発電は、災害によって停電が起きた際には非常用電源としてとても役に立ちます。では、停電時には太陽光発電システムをどのように活用すればいいのでしょうか。こちらでは、災害時に知っておくべき注意点も含めて紹介していきます。
続きを見る>>

太陽光発電の導入コストは?よりお得になる方法を考えよう

コインと電卓
太陽光発電システムを導入する際のコストは、特に個人にとっては決して安いものではありません。では、よりお得に導入するには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、導入後の費用対効果や補助金の活用方法なども合わせて紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電が抱える課題とは?解決策も合わせて解説

女性が悩んでいる姿
近年、産業用のみならず個人の住宅用としても普及が進んでいる太陽光発電ですが、設置や運用においては未だいくつかの課題が残されています。太陽光発電が抱えている課題とはどのようなものでしょうか。今回は、その解決策についても合わせて説明していきます。
続きを見る>>

太陽光発電をビジネスとして成立させるには?ビジネスモデルを紹介

グラフをペンで指している
太陽光発電を導入したとき、これをビジネスとして確立させることは可能なのでしょうか。今回は、太陽光発電における売電価格などの現状と、現時点で考えられるビジネスモデルを紹介し、ビジネスとして利益を得られるかどうかについて考えていきます。
続きを見る>>

太陽光発電システム設置でかかるランニングコストは?

お札と電卓
太陽光発電システムの運用にあたっては、導入時にかかった初期費用だけではなく長期的に見たランニングコストも必要となります。太陽光発電の運用に必要なランニングコストには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではそれぞれの費用相場も含めて解説します。
続きを見る>>

太陽光発電システムが台風によって破損したときはどうするか?

嵐の写真
太陽光発電システムは屋外に設置するものであるため、台風などの自然災害が訪れた際には破損や飛散といった被害を受ける可能性があります。このようなとき、自分で対処すべき方法や保証などはあるのでしょうか。今回は、台風が来たときに太陽光発電システムの取り扱いで心得ておくことを紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電システム設置で固定資産税はかかる?

小さな家とTAX
太陽光発電システムを導入するとき、固定資産税が課せられるケースがあります。その扱いは住宅用と産業用のシステムでそれぞれ異なるのです。今回は、太陽光発電システムにおける固定資産税についての基本、また計算方法などについて説明します。
続きを見る>>

太陽光発電の売電単価の推移と今後の対策を解説

電卓と日本円とお札
太陽光発電における売電単価は、固定価格買取制度(FIT)においても変化し続けています。また、FIT期間を過ぎた後でも売電単価は大幅に変わってくるため、売電をおこなっている人は売電単価の推移をよく把握しておくべきでしょう。今回は、太陽光発電の売電単価について解説します。
続きを見る>>

太陽光発電の売電収入を得たら確定申告が必要?

資料と電卓とペン
太陽光発電によって売電収入を得た場合、確定申告が必要になるケースがあります。では、どのような場合に確定申告をしなければならないのでしょうか。今回は、太陽光発電における売電収入と確定申告について、住宅用と産業用それぞれに解説します。
続きを見る>>

太陽光発電の導入でもらえる補助金はあるの?

太陽光発電本体
太陽光発電システムは、今や一般家庭でも導入されるようになってきました。導入費用も年々リーズナブルになってきており、個人でも取り入れやすくなっているのです。しかし、それでも決して安い買い物ではない太陽光発電の導入において、補助金を受けることはできるのでしょうか。今回は、太陽光発電にかかる補助金について解説します。
続きを見る>>

太陽光発電システムの価格相場はどれくらい?

コイン
太陽光発電システムは、パネルやパワーコンディショナなど部材の価格相場を把握し、適切な価格で導入すべきです。では太陽光発電システムの価格相場とはどれくらいなのでしょうか。工事費などの各種費用についても合わせて紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電導入に助成金や補助金はあるの?

お札と電卓
太陽光発電システムは、エコの観点から設置を促進するために助成金や補助金制度が設けられている場合があります。これらの制度を利用すれば、より気軽に太陽光発電を導入できるでしょう。今回は、太陽光発電にかかる助成金や補助金について説明します。
続きを見る>>

太陽光発電システムの値段相場はどれくらい?

値段相場のグラフ
太陽光発電システムを導入したいと思ったとき、その値段がどれくらいになるのかは知りたいところです。今回は、太陽光発電システムの値段相場について解説します。また、値段と売電価格の関係、費用対効果についても考えていきます。
続きを見る>>

太陽光発電システムは保守点検が必要

点検ツール
太陽光発電システムは、比較的トラブルが起きにくい機器ではあります。しかし、屋外で長期間使用するものですから、定期的に保守点検を行って安全な状態を保つことが大切なのです。今回は、太陽光発電システムにおける保守点検の重要性について解説します。
続きを見る>>

太陽光発電の導入には事業計画認定の申請が必要

計画書
太陽光発電のシステムを導入したからといって、すぐに利用できるわけではありません。発電をおこなって売電収入を得るためには、固定価格買取制度(FIT法)による事業計画認定の申請が必要なのです。今回は、事業計画認定の申請方法について説明します。
続きを見る>>

太陽光発電の売電収入はどれくらい?本当にお得になる?

収入の計算
一般家庭に太陽光発電を導入するとき、発電した電力は自家消費するほか、余剰電力を売ることで売電収入を得られます。今回は売電収入の相場や、太陽光発電の導入でお得になるかどうかについて説明します。
続きを見る>>

太陽光発電の設置費用と容量の関係性

太陽光発電の設置
太陽光発電システムの導入にかかる費用は、必ずしも安ければいいというものではありません。長い目で見て損をしないよう、設置費用と容量、発電量を鑑みて検討することが大切です。今回は、太陽光発電の設置費用と容量について説明します。
続きを見る>>

太陽光発電で売電収入を得たとき確定申告は必要?

申告用紙を記載する人
太陽光発電システムを利用して売電収入を得た場合、確定申告が必要になる場合があります。そのため、確定申告が必要なケースや条件、経費について知っておくべきでしょう。今回は、太陽光発電での売電収入と確定申告について解説します。
続きを見る>>

住宅用太陽光発電で得られる平均容量や発電量について

屋根に設置された太陽光発電
近年普及が進んでいる太陽光発電は、一般家庭にも導入されるケースが増えています。よりお得に太陽光発電を利用するには、導入したシステムの発電量や売電収入を考えることが必要です。こちらでは、システムの平均的な発電量や売電収入の計算などについて解説します。
続きを見る&>>

太陽光発電の売電単価が安くてもお得になる方法とは?

電卓
太陽光発電の売電単価は年々下落傾向にあり、これから太陽光発電を設置しても設置費用の元を取れるかどうか不安になるところです。ここでは、今後太陽光発電を設置するメリットとお得に使える方法を解説します。
続きを見る&>>

太陽光発電は今後どのような道をたどるのか?対策法とは

空とソーラーパネル
2019年に固定価格買取制度(FIT)開始から10年を迎え、太陽光発電の売電価格は右肩下がりになりつつあります。ここでは今後の売電価格はどうなるのか、またオーナーが知っておくべきポイントについて紹介していきます。
続きを見る&>>

太陽光発電で注目のメガソーラーとは?大型施設で儲かる仕組み

大型太陽光発電は導入時に莫大な費用がかかります。それだけのコストをかけて導入した場合、儲かるのか、リスクはないか、メガソーラーについて紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電の利回りとは?計算方法と計算のポイントを紹介

太陽光発電は、初期費用もランニングコストもかかる投資になります。利回りの良さはとても大切であり、しっかりと把握しておくことが必要です。利回りの意味や計算方法を紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電の補助金とは?2020年に注目したい制度

太陽光発電の導入を考えるなら、少しでも負担を減らすために補助金制度を利用するのが得策です。では、2020年にはどのような制度があるのでしょうか?利用可能な補助金情報についてご紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電の固定価格買取制度が終わる?今後の対応の選択肢を紹介

太陽光発電の固定価格買取制度は、大きな変化の時を迎えています。売電収入の安定のために設けられていた固定価格買取制度(FIT)は開始から10年の時を経て、卒FITする事業者が増え、さらに制度自体も見直しがはじまりました。今後の太陽光発電における制度の方向性や卒FIT後の選択肢についてご紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電の屋根置き型を選ぶ基準は?メリットとデメリットから考える

太陽光発電を設置ためにはいくつか方法がありますが、その中でも屋根置き型を選ぶ基準とメリットとデメリットを紹介します。これから設置を考えている方は参考にしてみてください。
続きを見る>>

太陽光発電の再エネとしての将来性とは?メリットとデメリットから考える

太陽光発電は、再エネとして最も身近で有名ですが、他の再エネと比較して将来性やメリットなどは高いのでしょうか?太陽光発電の優位性やその他の再エネについて紹介します。
続きを見る>>

コロナで先行き不透明な社会だからこそ太陽光発電投資が強い

新型コロナウイルスの世界的流行により、株式市場や原油先物市場をはじめ、世界中の投資マーケットが混乱の渦に巻き込まれています。世界中における休業要請や都市封鎖の影響が、今後じわじわと出てくることを考えると、先行きの予断を許しません。そのような不透明な社会情勢だからこそ、太陽光発電投資が注目を集めています。なぜ太陽光発電投資なのでしょうか?
続きを見る>>

日本の電力需要のうち太陽光発電がシェア30%を目指す!

2020年5月18日、太陽光発電協会は「2050年の日本の電力シェアのうち約30%を太陽光発電で賄う」とのビジョンを発表しました。ここでは、太陽光発電投資をお考えの方に向け、将来的な太陽光発電の展望について解説します。
続きを見る>>

スマホでできる太陽光発電投資「CHANGE」がANAマイレージと提携

スマホで少額から手軽にできる太陽光発電投資「CHANGE(チェンジ)」が、2020年6月、ANAマイレージクラブと提携しました。ここでは、「CHANGE(チェンジ)」の特徴や仕組み、およびANAマイレージとの提携によるメリットについて解説します。
続きを見る>>

太陽光発電市場の動向は?卒FIT後のこれからを考える

太陽光発電市場は、2019年に卒FIT事業者が出始めてから、さまざまな動きを見せています。ここでは太陽光発電市場は今後どうなるのか、FITが終了した後は各事業者にどんな選択肢があるのかを紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電のソーラーシェアリングとは?これからの農地活用法へ

太陽光発電投資では、ソーラーシェアリングという新しい導入方法が始まっています。ここでは農地を活用し、農業従事者の新たな収入源として注目されているソーラーシェアリングについてみていきましょう。
続きを見る>>

太陽光発電のコストと削減方法

ここでは太陽光発電の導入時にかかるコストの内訳と相場をはじめ、回収方法や削減方法についてまとめました。太陽光発電の運用を検討している方は、コストについても確認してみてください。
続きを見る>>

太陽光発電とオール電化の併用のすすめ

オール電化と太陽光発電にはそれぞれ導入メリットがありますが、この2つを併用すると相乗効果が発揮されます。今回は、太陽光発電とオール電化の関係と、併用のメリット・デメリットについて紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電で使えるソーラーローンとは

太陽光発電の設置費用は、出力3~5kWでも100万円以上になります。そのためローンを組み、売電収入で返済するのが一般的です。今回は太陽光発電に特化した、ソーラーローンの仕組みや注意点を紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電導入での保険の必要性

太陽光発電は売電収入を得られるほか、災害時の非常用電源としても活用できるなど導入メリットの多いシステムです。しかし、忘れてはいけないのが太陽光発電システムに潜む経済的リスクです。今回は太陽光発電に伴うリスクと保険の内容を紹介します。
続きを見る>>

太陽光発電の仕組みとは?必要な機器類や売電方法

太陽光発電システムの仕組みを知っていますか?機械的なことを詳しく知らなくても問題はありませんが、どうやって発電して電気を売ることができるかなど、基本を理解しておくと納得して導入しやすくなります。発電システムの仕組みから売電方法の仕組みまでチェックしてみましょう。
続きを見る>>

発電で火災が起こる?事例から知る原因と対策

太陽光発電システムでは、さまざまな原因から火災が発生することもあります。ここでは、火災例や火災原因を紹介します。あらかじめチェックしておき、万全の備えを心がけましょう。
続きを見る>>

太陽光発電投資は儲かる?事例から知る対策

太陽光発電投資は儲かると言われていますが、状況の移り変わりによってはリスクも想定されます。太陽光発電投資のメリットや儲かる仕組み、リスクについてチェックしてみましょう。
続きを見る>>

太陽光発電や投資のリスクとは?対策についても紹介

太陽光発電で心配されるリスクと対策についてご紹介します。太陽光発電はメリットも多いですが、 投資として失敗するリスクもあるものです。事前にリスクを把握しておき、対策を講じておきましょう。
続きを見る>>
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
『表面利回り』だけで決めてはいけません!
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

事業融資をしてくれます!

無料ノウハウ動画

公開中!

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

土地、融資付き

パッケージ化!

無料ノウハウ動画公開中!

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。