やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電向けコラム » 太陽光発電と併用する蓄電池の寿命はどれくらい?長く使う方法とは

太陽光発電と併用する蓄電池の寿命はどれくらい?長く使う方法とは

人が電球を持っている

太陽光発電システムによって得た電気は、蓄電池との併用によって手軽に自家消費できるようになりました。そこで気になるのが、蓄電池はどれくらいで寿命がくるのかという点です。ここでは、蓄電池の寿命とより長く使うための方法を紹介します。

太陽光発電に蓄電池を導入するケースが増えてきた

作業員がソーラーパネルを点検している

蓄電池の導入が増加している理由

近年、太陽光発電システムと合わせて蓄電池を導入するケースが増加しています。この理由としては、固定買取制度(FIT)期間が終了し、売電収入を得るより電力の自家消費に切り替える人が増えたことがあげられます。
さらに、蓄電池の性能もアップしさまざまな導入プランに対応できるようになったことも理由です。ほかにも、災害時の対策として電源確保のために蓄電池が多く求められるようになった背景もあります。

蓄電池の有効な使い方

蓄電池を導入することにより、発電ができない夜間や雨天などの時間帯でも、問題なく電気が使えるようになります。また、電力会社から供給される電気料金の値上がりから、自家消費する方がお得になる場合もあるのです。さらに、災害によって停電したときには蓄電池に貯めた電気が貴重な電源となります。

蓄電池の寿命はどれくらい?

電球が傾いている

電池の種類によって異なる

蓄電池には原料によりいくつかの種類があり、電池の種類によって寿命は若干異なります。寿命が来ればすぐに使えなくなるわけではなく、蓄電容量が徐々に減少して性能が悪くなることが特徴です。

それぞれの蓄電池の寿命について

蓄電地の種類ごとの寿命は、ニッケル水素電池でおよそ7年、鉛蓄電池でおよそ17年とされています。リチウムイオンとNASについてはそれぞれ10年、15年程度です。また、使用する環境やメーカーによっても寿命は変わってくるでしょう。

蓄電池を長く使用するためには

複数の電球

過充電や過放電を避ける

蓄電池は、満タンまで充電したのちに放電を行うサイクルで機能しています。ただし100%の充電状態を続ける過充電、電気を使い切ったままにする過放電を行うと、蓄電池の寿命を縮めてしまう原因となるため注意しましょう。

高温の場所を避けて設置する

種類にもよりますが、蓄電池の弱点として高温に弱いことがあげられます。屋外に蓄電池を設置する際は、できるだけ直射日光が当たらない場所を選ぶのがおすすめです。住宅事情などにより高温条件は異なるため、設置業者に相談してみましょう。

メーカーの蓄電容量の減少率を見る

蓄電池を使い続けていると、蓄電容量はどんどん少なくなります。この減少率はメーカーによって多少異なり、寿命が近づいても9割程度を維持する場合もあれば、半分程度にまで低下する場合もあります。コスパの面を考えると、メーカーごとの蓄電容量はあらかじめチェックしておきましょう。

まとめ

ソーラーパネル

太陽光発電システムと蓄電池の併用は、一般家庭でも普及の兆しを見せています。蓄電池を使用することで、電力の自家消費に便利に活用できるでしょう。長く効率的に蓄電池を使うために、種類やメーカーごとの寿命について調べておき、長期的に使うための方法もよく確認しておいてください。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
『表面利回り』だけで決めてはいけません!
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

事業融資をしてくれます!

無料ノウハウ動画

公開中!

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

土地、融資付き

パッケージ化!

無料ノウハウ動画公開中!

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。