やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電向けコラム » 太陽光発電で注目のメガソーラーとは?大型施設で儲かる仕組み

太陽光発電で注目のメガソーラーとは?大型施設で儲かる仕組み

大型太陽光発電は導入時に莫大な費用がかかります。それだけのコストをかけて導入した場合、儲かるのか、リスクはないか、メガソーラーについて紹介します。

メガソーラーとは?

メガソーラーは、一定規模以上の大型太陽光発電システムです。規模や利用方法などを紹介します。

大型の太陽光発電施設

メガソーラーとは、出力1MW(1000kW)以上の太陽光発電を指します。太陽光発電システムは、10kW以上が産業用に分けられますが、さらに大型の設備ということになります。一般家庭では導入は難しく、基本的に企業がメインで運用しているものです。

すべてを売電できる

メガソーラーは、産業用なので、家庭用と違って全量買い取りを利用できます。事業の1つとして導入することで、収益の安定を図れる可能性があります。

大型太陽光発電施設の儲かる仕組みとは

大型太陽光発電システムの導入は、企業にとってうまみの大きい事業です。メガソーラーの儲かる仕組み、メリットを紹介します。

安い導入コスト

大型太陽光発電システムは、導入コストが比較的抑えられ、効率的に運用できます。基本的に、規模が大きくなれば kwのコストが低くなるため、メガソーラーであれば、家庭用、小規模な産業用と比べても低コストが期待できます。

安定的な収益

太陽光発電の固定買取価格は20年適用となり、家庭用の10年と比べても倍の期間、安定的な売電が可能です。また、減価償却や法人税などの税制面での優遇もあり、経営の安定を図れます。

企業イメージアップ

太陽光発電システムの導入は、クリーンエネルギーの導入として企業イメージの向上にもつながります。企業イメージが良くなることで、消費者の購買意欲の向上にも影響を与える可能性があります。

大型太陽光発電施設で注意したいこと

大型太陽光発電設備設置では、いくつかデメリットもあります。やり方次第では企業にマイナスになるため注意が必要です。

地元住人からの反対

大型太陽光発電システムを設置するには、大きな土地が必要のほか、ソーラーパネル設置には整地をする必要もあります。そのため、自然の土地を開発することになり、地元住民から景観を害された、開発したため土埃が増えたといった苦情が増えるリスクが考えられます。また、設備が風で飛ばされたときのリスクを理由に反対されることもあるでしょう。

設置場所の選定と適切な維持計画

大型太陽光発電システムを設置するにあたっては、設置場所の選定や維持計画を慎重に進める必要があります。大きな費用がかかるため、発電効率やメンテナンス費用など、長期的に安定して運用するための準備は欠かせません。

まとめ

大型太陽光発電のメガソーラーはビジネスで注目されています。安定した収益など、魅力ある事業ですが、注意点もあるため、慎重な導入計画が必要です。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
『表面利回り』だけで決めてはいけません!
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

事業融資をしてくれます!

無料ノウハウ動画

公開中!

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

土地、融資付き

パッケージ化!

無料ノウハウ動画公開中!

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。