アドバンス

株式会社アドバンスTOP画像
画像引用元:株式会社アドバンス
http://www.s-adv.jp/

アドバンスってどんな会社?

アドバンスは、太陽光発電(ソーラーオーナーズ)や小水力発電(ウォーターオーナーズ)、風力発電(ウォーターオーナーズ)という3つの自然エネルギー事業を主体として運営されている会社です。

分譲型ソーラーに関しては先駆者的存在とされ、常にお客様目線でのサービス提供がモットーとのことで、初めての方にもおすすめと言えるでしょう。

アドバンスの太陽光発電設備の特徴

土地を持たない人でも、万全のサポートが受けられる

アドバンスの太陽光発電投資「ソーラーオーナーズ」は、そもそも土地を持たない人でも土地探しからメンテナンスまで全て任せられるというのが特徴。資金に合わせて安定した収入を得ることが可能で、20年間の保証もついています。

二十体制で常時モニタリングを行う入念なメンテナンス

アドバンスの最たるメリットは「メンテナンスが非常に入念」なこと。一般的には定期メンテナンスやパネル設備の保証などが安心ポイントですが、アドバンスの場合は第三者企業と「二十体制」を敷くことで、発電設備を常時モニタリング。20年しっかりと故障やトラブルを早期発見、解決できます。

創業以来40年間無事故、クレームゼロの実績を誇る

屋外広告の販売、設置事業を前身とするアドバンスは、創業以来40年間無事故、かつクレームゼロという信頼感も魅力。確かな施工力と対応力が、多くのお客様から長年支持される所以と言えるでしょう。

地域による差異も含め、最適な効率を提案

太陽光発電投資は、自然エネルギーを活かすからこそ日々の日射量や天候などにも左右されます。そこでアドバンスでは、土地柄日射量が少なかったり、積雪が多かったりといったリスクも加味しつつ、経年劣化も計算に含めた堅実な安全率や利回りなどをシミュレーション。現実的な将来性を知った上で、手堅い収益が得られると評判です。

独自設計で、頑丈かつ安定した太陽光発電設備を提供

アドバンスの太陽光発電設備は、風速強度50メートル以上を実現しながらも、雑草や小動物などによる発電力の低下や浸水の被害を防ぐ独自設計の架台が特徴。一般的なものより高く設定することで風通しが良くなり、パネル温度も安定することから、出力の維持にも役立っています。

アドバンスのメンテナンス

アドバンスのメンテナンスは、前述した通りWebカメラでの常時モニタリングや、第三者企業との連携によるトラブル対応の迅速さが特徴。具体的な内容としては以下の通りで、いかに力が入れられているか分かりますね。

発電設備の定期メンテナンス
1年に最低1回
各種点検(設置・接続状況・金物の緩み等)
1年に最低1回
現地視認モニター
2か月に1回(年6回)
発電遠隔モニタリングによる遠隔発電管理
常時
WEBカメラ遠隔監視
常時

アドバンスの保証・補償や保険の内容

収益、および設備に20年間の保証が付いています。設備への保証に関しては基本的に上記の定期メンテナンスがメインとなっており、収益の安定化を図るためにも維持、管理へのサポートは万全です。

実際にアドバンスを利用した方の口コミ

スタッフさんが話しやすく、説明も丁寧

太陽光発電投資に興味があり、まずは相談してみようと近場の会社だったアドバンスさんへ足を運びました。スタッフの方々は皆さん気さくながら丁寧で、こちらの目線に立ってより良い方向へ導こうとしてくれている印象です。投資の内容も分かりやすく、お陰様で前向きに検討できました。

メンテナンスが手厚く、信頼できる会社です

何と言っても、アドバンスは他社に比べて設備投資の後のメンテナンスが手厚いのが魅力です。収入は20年間保証されていても、設備に関してもここまで長く管理してくれる会社はなかなかないと思います。長年の実績もあり、信頼できると感じましたね。

全体的にレベルが高い

太陽光発電投資に関しては、堅実な利回りの提案、熱心なメンテナンス、工夫された頑丈な設備、施設の3分の1を自社保有することで顧客目線に立つなど、全てにおいて隙のない印象です。正直リスクもあるだろうし、と不安に感じていましたが、こちらになら任せられる気がします。

アドバンスが紹介している案件

アドバンスは、主に関東方面を中心に豊富な実績がある会社です。過去の傾向としては、以下のようなものが挙げられます。

  • エリアは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、静岡県、福島県など
  • 総面積5000㎡以上の広大な土地が多い(が、幅広いケースに対応)
  • 全体の導入発電能力も500kW以上のものが目立つ(こちらも幅広いケースに対応)

このように、基本的には大規模な土地を活かした案件が多いものの、予算や土地の広さに合わせて相談することが可能です。太陽光発電投資に興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?