タカラレーベン

Qvou
画像引用元:タカラレーベン公式HP
https://www.leben.co.jp/

このページでは太陽光発電事業を行なっているタカラレーベンについて紹介しています。設備工事の特徴や保証、口コミなどを紹介しているので、太陽光発電設備に興味がある方はチェックしてくださいね。

タカラレーベンはどんな会社?

太陽光発電事業だけにとどまらず、自社ブランドマンション「レーベン」・「ネベル」シリーズおよび、一戸建新築分譲住宅の企画・開発ならびに販売事業の実績でも知られるタカラレーベン。東商一部上場のマンションデベロッパーとして2010年より太陽光発電マンションに取り組み、2013年より太陽光発電事業に参入しています。

遊休地などにソーラーパネルを多数施設するメガソーラー発電事業では、投資法人である「タカラレーベン・インフラ投資法人」を設立。東京証券取引所のインフラファンド市場上場を果たしており、多くの顧客から全幅の信頼を寄せられている証と言えるでしょう。

タカラレーベンの太陽光発電設備の特徴

未使用状態の土地の有効活用

タカラレーベンでは建物建設に不向きな用地、休眠中の遊休地などを活用した、大規模太陽光発電所の設置を積極的に進めています。一般的な太陽光発電投資に見られる、投資家が所有権を有する土地建物に、小規模の発電施設を設置するスタイルとは違い、大規模施設に多くのソーラーパネルを集中して設置する施設ですので、十分な管理やメンテナンスが可能です。

日射条件が良い場所に、四季を通じてベストな角度でソーラーパネルを設置することで、より高効率の発電が期待できるメリットも魅力です。

電力供給の安定化を通じた社会貢献

タカラレーベンでは、再生可能エネルギーを利用する発電事業を、電力供給の安定化を通じた社会貢献の一環と位置付けています。タカラレーベン・インフラ投資法人から賃借して発電事業を展開中の太陽光発電所2ヵ所に関し、東京都世田谷区の「みんな電力」との間に特定卸供給に関する契約を締結し、電力を供給しています。

この契約の締結により、みんな電力を介して再エネルギーを希望する電力需要家への供給が可能となっています。ちなみに想定される供給先としては、地域・都市部・省エネ100%の利用を掲げる、国際イニシアチブ「RE100」加盟企業などがあげられます。

全国展開の大規模発電所

タカラレーベンの発電施設は、建物の屋根や屋上を利用した小規模発電設備とは違い、十分な面積を活かしてソーラーパネルを多数設置する、太陽光によるメガソーラー発電所です。基本居住者の生活空間外で稼働することで、生活環境への直接的な悪影響を最大限回避しつつ、より大きな発電電力の確保が期待できるシステムです。

ちなみに順次発電施設の開発を全国各地で進めています、2018年9月末時点の稼働施設は、売却分を含めて38箇所、発電電力合計は約107MWが稼働しています。

太陽光発電業者を徹底比較!
本当に信頼できる業者はココ

タカラレーベンのメンテナンス

公式サイト上に記載なし。

タカラレーベンの保証・補償や保険の内容

公式サイト上に記載なし。

実際にタカラレーベンに行った人の口コミ

  • 営業担当が信頼できたので
    タカラレーベンの太陽光発電マンションに住んでいて、このシステムのメリットは早くから実感していました。東商上場第一号ということで注目していて、営業担当の方の対応も信頼できたので投資してみました。公開初日に10万円の額面に対して14万円まで上昇してニンマリでした。

タカラレーベンが紹介している案件

公式サイト上に記載なし。