やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 失敗事例から見る太陽光発電投資

失敗事例から見る太陽光発電投資

【失敗例1】架台の劣化

太陽光パネルを支える架台が劣化してしまい、パネル本体が傾くことや、ぐらつきが起こるようになったんだけどどうして?

考えられる原因

太陽光パネルを固定し、支えている架台とボルトなどの部品は、雨風に直接さらされています。

さらに、夏場の高温や冬場の低温など、自然の影響を直に受ける過酷な環境に置かれていると言っても過言ではありません。

そのため、いくら頑丈な材料、道具を使用していても、場所や状況によってはサビや劣化が起こってしまいます。

原因を引き起こさないためには

架台やボルトの劣化によるパネルの傾き、ぐらつきを起こさないためには、過酷な環境に耐えられる素材を使用することが大切です。

施工管理をしっかり行なっている業者なら、どぶ付け加工(溶融亜鉛めっき)と呼ばれる防錆処理の一種を行なった材料を使用して、雨風に耐えられる施工をしてくれます。

安い工事費だからと依頼するのではなく、行なう工事の内容を確かめるようにしましょう。

【失敗例2】土台が傾いた影響で収益減

太陽光発電に適した土地を安く購入し、太陽光発電所を設置。初めのうちは順調に売電していたものの、1年が過ぎたあたりから徐々に売上が低調気味に…。

気になって細かく見ていくと、パネルの土台が傾いた影響で十分な光量を得ることができていないとわかったんだ。

考えられる原因

太陽光発電の土地として選んだ場所は、もともと地盤が軟弱だった可能性があります。

それだけなら地盤調査を行ないしっかりとした工事を行なえば問題ありませんが、さらに基礎工事を怠ったせいで、土台が傾いてくるという事態に発展したようです。

原因を引き起こさないためには

太陽光発電は20年以上継続して事業を行なうのを前提に購入します。そのため数年で故障が起こると、その後のメンテナンスや改修工事で余計な出費が出てくるかもしれません。

太陽光発電投資は長期にわたって使い続けるからこそ、地盤調査や基礎工事に徹底的にこだわってくれる業者を選ぶ必要があります。

【失敗例3】近隣に高い建物が建ち日陰ができた

土地を相続することになったので「遊ばせておくよりも投資をしよう」と太陽光発電所を設置しました。

設置してから半年後、いきなり隣の土地に大きな倉庫が建設されたんだけど、一部のパネルが日陰に入っているんだよ。

せっかく購入した太陽光発電所も、この影響で売電収入は当初想定していた2/3ほどになってしまったんだ。こんなはずじゃなかったのに…。

考えられる原因

太陽光発電所を設置する土地の周りが、どのような用途で使用されるのかを調査していなかったことが原因です。自分だけでこのような調査を行なうのは現実的に難しいので、土地の調査も行なってくれる業者を見極めましょう。

原因を引き起こさないためには

周りの土地がどのような用途によって区分されているかという地目(ちもく)は、事前の調査である程度予測が立てられます。将来にわたって高い建物が建つのかは、太陽光発電投資を行なううえでとても重要な項目です。

太陽光発電投資の業者を選ぶ際には、周囲の土地を調査してくれるところを選びましょう。そして、しっかりとした説明を正直にしてくれるという点も大切です。