やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電投資における保険加入の重要性

太陽光発電投資における保険加入の重要性

太陽光発電投資を始めるなら保険についてチェックしておきましょう。予想が着かない様々なリスクによる損害・損失も、保険に加入していればしっかり保証してもらえます。太陽光発電投資業者の中には保険代理店を兼ねているところもあるので、そういった業者を選んで保険について相談しておくと安心して運用できそうですね。

ここでは太陽光発電にかけられる保険について説明しています。

太陽光発電投資の保険

パネルが破損したり施設内で事故が起きたりした場合、太陽光発電の保険に加入していないと多額の損失を出してしまう可能性があります。

太陽光発電に関する代表的な保険は次の通りです。

  • 自然災害での損害に対する保険
  • 破損した製品を交換している際の利益損失・減収に対する保険
  • 第三者が施設内で怪我をしてしまった場合に発生する損害賠償保険

1つずつ詳しく見ていきましょう

自然災害での損害に対する保険

屋外に設置される太陽光発電システムは、落雷・風災・雹災・雪災・集中豪雨などにより損傷することがあります。これを保証してくれる保険です。太陽光パネルやパワコンといった製品にはメーカー保証が付いているのですが、自然災害による損傷の保証はほとんどの場合、含まれていません。保険会社が提供している自然災害補償に別途加入しておかないと、修繕費を自己負担することになります。

設備が修復するまで、売電による収益もあげられないため大きな損害となってしまうのです。

自然災害による破損事例

発電設備が水没して感電の危険も

実際にあった自然災害による破損の事例として太陽光発電設備の水没事故があります。河川が決壊して設備全体が沈んでしまったのです。太陽光発電は太陽光を受けると、水没していても発電します。そのため、うかつに発電設備に近づくと感電の恐れもあります。このような事例に備えて自然災害に備えた保険と第三者がケガをしてしまった場合の損害賠償保険の両方に加入しておいた方がいいでしょう。

雪の重みでパネルが破損

また、太陽光パネルの上に雪が積もり、重みで割れてしまった事例や積もった雪が落ちる落雪事故などの事例が報告されています。設備を置くのが降雪の多い地域である場合には自然災害による破損を補償する保険に加入しておきましょう。

台風がもたらす甚大な損害

日本における自然災害の代表といえば、台風です。台風の脅威はなんといっても強風ですが、この強風により太陽光発電のパネルが吹き飛んだという事例があります。パネルが吹き飛んで周辺の物や人などに衝突した際の被害は甚大なものです。パネルがひきとばなくても、強風に運ばれてきた石や木片などがパネルに衝突することも大きな損害となるでしょう。

落雷によるシステムダウンや発電量の低下

自然災害による被害の中には、落雷による破損事例も報告されています。落雷によって発電システムが停止し、その影響が関連機器に及んで発電量が低下するといったことです。雪や枯れ草が積もった程度の被害であれば早期回復が望めますが、落雷の場合は一度で機能停止に追い込まれる可能性があります。そのため、落雷対策は十分に考えておかなくてはなりません。

破損した製品を交換している際の利益損失・減収に対する保険

自然災害や事故により設備が破損した際、製品の修理や交換の間に発生する損失や減収を保証してくれる保険です。「売電利益補償」や「売電収入補償」と呼ばれます。

設備が故障していなければ修理・交換の工事期間に発電・売電して得られるはずだった利益が得られなくなることを「利益損失」と言います。太陽光発電の保険には、この利益損失を補償してくれるものもあるのです。

「保険は破損した設備の修繕費を保証してくれるもの」と考える人が多く、自然災害に対する保険に加入しただけで満足してしまうケースも。

修理期間の収入を補償してくれる保険にも加入しておき、せっかくの利益を取り逃がすことのないようにしましょう。

第三者にけがをさせてしまった場合の損害賠償保険

太陽光発電設備内において、その設備の使用・管理が原因で誰かに身体障害や財物損壊を与えてしまった場合には、発電設備の所有者が賠償責任を負います。そのときの損害賠償を補償してくれる保険です。

損害賠償請求をされた事例

施設内に子どもが侵入し感電

太陽光発電では、近隣の子どもが施設内に入り込みけがをするケースが頻繁に起こっています。中には送電線がある敷地内にフェンスを越えて侵入した子どもが感電してしまった事例も。この事例では安全対策に不備があったとして、太陽光発電の所有者が損害賠償請求を受けました。事故に備えられる保険に加入しておくべきとわかる事例です。

柵やフェンスをしっかりと設置して発電設備といっしょにメンテナンスしてくれる業者を選んでおくことがもちろん重要ですが、太陽光発電の保証に対応している保険会社も押さえておかなければなりません。

パネルが倒れて出入り業者が負傷

太陽光パネルを設置する架台の設置が甘く、パネルが倒れてしまい出入り業者が負傷した事例でも太陽光発電所有者が損害賠償請求を受けています。質の悪い業者が工事の手を抜きがちな箇所が架台。事故が起きやすいポイントだと言えます。架台での事故を補償してくれる保険に加入してリスクヘッジしておく必要があります。

突風で吹き飛んだパネルが走行中の車に衝突

太陽光パネルが突風で吹き飛び近くを走行中の車に衝突したことで、車の所有者が太陽光パネルの所有者に損害賠償を請求するという事例が報告されています。この場合の焦点はシステムの設置または保存に瑕疵(かし)があるかどうかです。設備所有者がメンテナンスを怠った、強風が吹いた際に安全対策を取っていなかったといった判断された場合は、損害賠償責任を負うことになります。

パネルの反射光問題で損害賠償訴訟へ発展

設置業者の設計ミスにより反射光問題が発生し、隣の家の住人に損害賠償を請求されたというケースが報告されているようです。設置業者がパネルの反射光を確認しないまま施工を行い、結果的に隣の家の2階の窓に反射光が当たるようになってしまったというものです。設計段階で反射光の確認をしておけば防げた問題でした。太陽光発電設備をめぐる損害賠償請求は、設備の設計段階から未然に防げるものが多いということがうかがえます。

保険代理店を兼ねている太陽光発電投資業者も

保険会社が提供している火災保険や保障特約、賠償責任保険などを組み合わせることで、太陽光発電のリスクに対応することが可能。また、太陽光発電投資業者の中には保険代理店を兼ねているところもあります。

太陽光発電について知識を持つ業者が提供する保険なので、一般的な保険会社のプランよりも安心。思いもよらないトラブルにも備えた保険プランを提案してくれるからです。

太陽光発電業者を選ぶ際には、その業者が保険に強いかどうかもチェックしておくことをオススメします。

未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。