やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 知らなきゃ損する太陽光発電投資の基礎知識

知らなきゃ損する太陽光発電投資の基礎知識

太陽光発電の投資を検討しているという方に向けて、設備や費用に関する基礎知識をまとめています。事前に知っておきたいポイントを押さえて、投資に臨みましょう!

太陽光発電投資にかかる費用

太陽光発電システムを構築するには、設備を建造するための材料費や工事費以外にも、土地の安全を調査したり改良したりするケースが発生します。

そのため、投資にかかる費用の総額は、調査費用や設備のメンテナンス費用までを含めて算出する必要があるのです。

具体的には下記の費用が発生します。

  • 地盤調査費用:約~10,000円/1㎡
  • 地盤改良費用:約8,000~20,000/1㎡
  • 整地費用:約5,000~10,000/1㎡
  • パネルなどの設備代:約65,000~135,000円/1kw
  • 設置工事費用:約25,000~40,000円/1kw
  • 電気工事費用:約25,000~40,000円/1kw

※あくまでも費用例であり、業者や条件により金額は変動する可能性があります。

太陽光発電投資導入までの流れ

太陽光発電投資と聞くと、複雑な手続きやリスクをイメージしてしまう方もいるのではないでしょうか。

設備への投資だけでなく、設置する土地に関する視察も必要なため、導入までの流れを知っているだけでも投資に関する不安を払拭できます。簡単な流れは以下の通り。

問い合わせ→物件の視察→金融機関の審査→契約・申請手続き→設置工事・運用

固定価格買取制度(FIT法)とは

FIT制度とは太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電といった、再生可能エネルギーにより発電した電気を、電力会社等が固定価格で買い取ることを取り決めた制度のこと。

より太陽光発電システムを導入しやすくする制度で、導入後の安定した収益を支える重要なポイントです。

家庭用と産業用(投資用)の違い

家庭用の太陽光発電の出力は10Kw未満に限られており、産業用は10Kw以上のものをさします。

また、家庭用では家庭で消費して余った分のみ売電することができますが、産業用太陽光発電は生産された電力をすべて売ることができます。

太陽光発電投資ファンドとの違い

太陽光発電投資ファンドとは、企業などが太陽光発電設備を運営し、投資家からその運営資金を公募する手法で、出資者が多ければ多いほど1人あたりの負担額が下がります。

ただし収益も出資者の数で分け合うため、すべての収益を自分のものにできる太陽光発電投資と比べると、手にする額に大きな差があります。

途中で売却することはできるのか

太陽光発電設備は途中で売ることができます。太陽光発電の導入を進めていく固定価格買取制度(FIT法)がスタートして以降、急速に太陽光発電システムが導入されてきました。しかし、もっと大きな太陽光発電設備を購入するための軍資金として、もしくいは資金繰りに困るなどの事情により、設備を売却したいという人が増えてきています。