やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 知らなきゃ損する太陽光発電投資の基礎知識 » 太陽光発電投資におけるメンテナンスの重要性

太陽光発電投資におけるメンテナンスの重要性

太陽光発電設備の画像

メンテナンスをしないとどうなる?

産業用太陽光発電はメンテナンスフリーと言われていますが、そんなことはありません。メンテナンスを怠った場合に考えられる損害は以下の通りです。

  • 太陽光パネルの表面に汚れが蓄積して発電量が低下
  • 雑草が伸び、太陽光パネルに影を作り発電量が低下
  • パワーコンディショナーの経年劣化による発電効率の低下や故障
  • 経年劣化や鳥の巣などによる漏電やショートで出火のおそれ

発電量が低下すれば当然収益も下がります。また、故障してしまうと修理期間中は収益を上げることができず、さらに修理代も多くかかってしまいます。

太陽光発電投資は20年以上運用していくものなので、寿命を1日でも長く保つためにはメンテナンスは必要不可欠といえるでしょう。

またメンテナンスを自分で行うことはほぼ不可能なので、太陽光発電設備を設置した業者にお任せすることをおすすめします。

メンテナンスを怠った場合の損失額

太陽光発電を電気代のコスト削減につなげる目的で導入する方が多いでしょう。

メンテナンスが必要になるならコストメリットなんてなくなってしまうのではないかと思う方もいるかもしれません。

定期的にしっかりメンテナンスしていれば、基本的に大きな出費はなく使用を続けることができますがどれくらいの損失額が出るかは気にしておいたほうが良いでしょう。

こちらではとくに意識する必要がある部分を紹介します。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーは業務用のような頑丈なものではなく、一般的な機器です。使われれば使われるほど自然に磨耗していきます。

寿命は10年前後とされることが多いですが、メンテナンスを怠った結果機器が故障した場合、機器をまるごと交換するとなった時の費用は20~30万円といわれています。

メンテナンスをしていた場合は10年に一度を目安とし、一回の点検費用は5万円程度で済むケースもあるそうです。

仮に20年で計算したとして、メンテナンスを行わず機器一式の交換が必要になってしまった場合と、定期点検をしっかり行った場合だと10万円程度の差が出る計算となります。

20年で故障するとは限りませんが、長く利用していきたいと考えているのであれば、定期的なメンテナンスが必要といえるでしょう。

太陽電池モジュール

太陽電池モジュールの寿命は20~30年といわれますが、個人宅に太陽光発電を設置して30年経ったというケースはほとんどありません。

ここ数年で設置した方は現在も問題なく使えていることが多いので、実感として故障を考えにくい部分です。

太陽電池モジュールは仕組み自体は極端に複雑なわけではないので、機械的な故障は少ないといえるでしょう。

しかしパネルは常に太陽に向けられた状態で発電を行っているため、高温になります。夏場などには表面温度が75℃にもなってしまうようです。

すると内部のはんだ付けがなされた部分が剥がれてしまったり、その他にも熱で不具合が起こるケースがあります。

太陽による熱のほかに不具合のもととなるのが外からのキズや汚れです。枝や石、ホコリなどにより傷ついてしまうと故障が早まってしまう可能性が高くなります。

故障によりパネルを交換するとなると、新品への交換で25~30万円かかることに。反対に清掃しておくだけのメンテナンスであれば数千円で済みます。

メンテナンスは欠かさず行うべき

メンテナンスを定期的に行うことは、故障による多額の損失額が出ることを防ぐことにもつながります。

リスクを減らすためにも、メンテナンスを欠かさず行うことが大事です。

メンテナンスの内容は?

メンテナンス内容は業者により異なるので、各社確認が必要です。ここでは主に行われるメンテナンス内容を記載します。最低限の項目になりますので下記項目を行っていない業者は注意が必要といえます。

1.機器の点検・記録作業

点検項目

  • 太陽光パネル
  • パワーコンディショナー
  • ケーブル類
  • 架台
  • 接続箱
  • 計測表示装置
  • 変電設備
  • ネジの緩み
  • 発電所内巡回

記録作業

  • パワコンの電圧チェック
  • エラーチェック

これらにトラブルや破損、故障などがあった場合発電量の低下や最悪の場合発電をしていないといったケースもあり得ます。また、メンテナンスをすることで老朽化も防ぐことができます。

2.パネルの清掃作業

主な汚れの原因は鳥の糞と砂埃です。パネルを綺麗な状態に保つことで、発電のパフォーマンスを常に最大限に活かすことができます。逆に汚れが溜まっていると、発電量が低下してしまいます。

3.除草作業(雑草対策)

業者によってはあらかじめ、鉄鋼スラグ砕石やシートをを敷いたり、クローバーを植えるなどして背の高い雑草が生えないようにする対策をしているところもあります。しかしそれでも雑草は思わぬところから生えてくる可能性があるので要注意です。

メンテナンス内容や回数が充実した業者を選ぼう

メンテナンス内容は各社それぞれ違い、またメンテナンスの回数も違います。メンテナンスが月1回というところもあれば、数年に1回というところもあるので、必ずチェックしましょう。

20年という長い期間発電を維持するためには、このメンテナンス回数や内容が充実したところを選ぶと良いでしょう。

メンテナンスの充実した太陽光発電投資業者3社

メンテナンスを年1回以上行い、良心的な料金で行っている業者を3社ピックアップしました。太陽光発電投資に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

Qvou

Qvou公式サイトキャプチャ
引用元:Qvou公式サイト
http://qvou-solar.jp/

公式HPで詳しく見る

メンテナンスの回数/年 メンテナンス料金/年
12回 120,000円(税抜)
メンテナンス内容
  • 太陽光パネル、ケーブル類、架台、変電設備、パワーコンディショナー、計測表示 装置、接続箱の点検および、ネジの緩みや発電所内の巡回
  • パワコンディショーの電圧、エラーチェック、運転履歴、発電量の記録
  • パネルの清掃、除草作業
Qvouのメンテナンスの特徴
発電効率の低下や故障を防ぐため、毎月1回のメンテナンスを行ってくれるQvou。毎月120,000円と良心的な値段で行ってくれるのが嬉しいところ。ただし、他の業者が施工した設備は手抜き工事が多いため受付られないとのことです。

Qvouの
太陽光発電投資情報を
公式HPで見る

Qvouに
電話で問い合わせる

エコの輪

エコの輪公式サイトキャプチャ
引用元:エコの輪公式サイト
https://www.taiyo-co.jp/

公式HPで詳しく見る

メンテナンスの回数/年 メンテナンス料金/年
4回 175,000円(税抜)
メンテナンス内容
  • 遠隔監視で日常的発電状況のチェック 太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナー、高圧設備、ケーブル、集電箱・接続箱、ブレーカー、フェンスのチェックおよび、雑草のチェック、発電所内への不法投棄の確認
  • パネルの清掃、除草作業
エコの輪のメンテナンスの特徴
エコの輪のメンテナンスは3つのプランが選べます。点検のみを行う「PV基本点検プラン」、それにプラスして草刈りも代行してくれる「草刈り代行プラン」、さらにそれに365日の遠隔監視を付けたおまかせパックプランがあります。

エコの輪の
太陽光発電投資情報を
公式HPで見る

エコの輪に
電話で問い合わせる

アースコム

アースコム公式サイトキャプ
引用元:アースコム公式サイト
http://qvou-solar.jp/

公式HPで詳しく見る

メンテナンスの回数/年 メンテナンス料金/年
2回 220,000円(税抜)
メンテナンス内容
  • 遠隔監視で日常的発電状況のチェック 太陽電池アレイ、AC集電箱、パワーコンディショナーの目視点検および測定器による計測
  • 雑草対策、パネル洗浄
アースコムのメンテナンスの特徴
アースコムはトラブルを未然に防ぐため、遠隔監視を行い万が一異常が発生した場合は、すぐに駆けつけてくれるサービスを実施。駆けつけ料金もパックの中に含まれています。ただし二次障害対応は有料となっています。

アースコムの
太陽光発電投資情報を
公式HPで見る

アースコムに
電話で問い合わせる

未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。