途中で売却することはできるのか

太陽光発電所は途中で売却できる

国が電力を決まった価格で買い取ってくれる「FIT制度」を導入して以来、日本全国でたくさんの太陽光発電所が拡大、稼働し始めました。

多くの投資家から注目を浴びながらも、中には「急にまとまった資金が必要になった」「途中でも売却して現金化したい」というケースが増加傾向にあります。

太陽光発電所は売却が可能ですが、買い手を想定していなければ利益を得られずに手放すことになるでしょう。ここでは、太陽光発電所を少しでも高く売却するために知っておきたいコツをお伝えします。

太陽光発電所を高く売却する方法

売却金額は実績と将来の損益、利回りで決まる

太陽光発電所の購入を検討している人は、発電事業から得られる利益や利回りを基にして、太陽光発電所の購入価格を判断します。購入を考えている発電所がすでに動いているのであれば、電気の売買実績や将来の損益、利回りが主な判断材料です。

売却の理由や売電実績を明示

買い手が安心して発電所を購入するためには、不安に感じる要素を排除しておかなければいけません。「なぜ売却するのか」「売電実績が良くないのでは」という不安に対して、売却の理由や売電実績を明示する、発電所のメンテナンス履歴を記録しておくなど、設備投資を行なっていることも大切です。

仮に複数の発電所を保有して運用する場合には、発電所ごとで個別に売却するケースを想定して、各発電所の損益や利回りを明確にする必要があります。そうすることで採算性を明らかにして、各発電所の最大利益を把握しておきましょう。

定期的なメンテナンスおよび補修を行う

太陽光発電所の売買単価を少しでも上げるには、太陽光発電所を補修してから売却しましょう。定期的にメンテナンスを行なっていれば補修箇所は少なくすみますし、メンテナンスの記録や修繕履歴は査定の際の重要な材料になります。メンテナンス事業者に依頼をしたときは、その際の記録や履歴を保存しておきましょう。

高く売るには購入する業者選びが大事

太陽光発電所の購入を考える時に、売却まで考えているケースはそう多くないでしょう。しかし実際に、却せざるを得ない状況に陥ってしまうケースが出てくるのも事実。

そのような場合に重要になってくるのが、太陽光発電所を購入する業者選び。太陽光発電投資の実績が豊富であったり、定期的なメンテナンスや保証内容が整った業者であれば、売電収入の下落の恐れも少ないので、太陽光発電所の価値が下がらないので高く売ることができるのです。

売電で収益をあげたい場合も、発電所自体を売らなくてはならなくたった場合も、購入する業者によって得られる利益に差がでることを念頭においておきましょう。