やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 職業・立場別にみる老後資金と太陽光発電投資のすすめ

職業・立場別にみる老後資金と太陽光発電投資のすすめ

このカテゴリでは、職業や立場別に老後資金がいくらぐらい必要か、それぞれのページで詳しくまとめています。また、不足分を補ってくれる太陽光発電投資のメリットも掲載。老後のお金を投資で増やしたい方はご覧ください。

何もしなければ足りなくなるのが老後資金

厚労省が発表した2017年の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳です。この数値は過去最高と言われています。一見おめでたい話題のように映りますが、そうなると気になってくるのが「老後のお金」です。

現在の年金は65歳からの支給。平均寿命で考えると、男性は16年、女性は22年の年金生活となります。※年齢を切り上げて考えています

余裕を持った生活をするためには、夫婦二人世帯で25~35万円が必要と言われているので計算してみましょう。平均寿命の間をとって19年間年金を受け取ると考えます。

25~35万円×12か月×19年=5,700~7,980万円

必要な金額がわかりました。では、年金の受給額も出してみましょう。現在30代の方の受給額は平均して10~15万円と言われています。上記と同じように計算してみると10万円の場合は2,280万円、15万円だと3,420万円です。計算するまでもなく、足りません。

これは日本人の全体的な平均値から割り出したものになります。細かな職業や立場別のものが知りたい方は、下記にある詳細ページをご覧ください。

職業別に見る老後資金形成のための太陽光発電投資

各職業の老後資金や太陽光発電のメリットについてまとめています。

サラリーマン

サラリーマンの給与平均額や年金などについて調べました。合わせて太陽光発電の基礎知識とサラリーマンへのメリットも掲載。現在、給与所得を得ながら働いている方はこちらのページをチェックしてみてくださいね。

個人事業主や自営業

個人事業主や自営業の方の平均所得や老後は国民年金だけで足りるのか・どのくらいのお金が必要なのかについてまとめました。働きながらでも投資ができる太陽光発電のメリットも紹介します。

公務員

公務員の年収や年金、将来的に不足するお金についてまとめています。本来、副業が禁止されている公務員ですが、太陽光発電への投資は可能です。投資の際の注意点や太陽光発電投資のメリットなどをまとめました。

独身女性

男性よりも平均寿命が長い女性は、その分老後資金も用意しておかなくてはいけません。老後にどのくらい蓄えがあれば安心なのか見てみましょう。どうしても足りないと思う方に向けて、太陽光発電投資のメリットもお伝えします。

将来の見通しというのは、なかなか見通せません。しかし、不安ばかりを募らせて見て見ぬふりをしてしまうと、それこそ明るい老後は遠のいてしまいます。太陽光発電投資はリスクもありますが、実績ある業者と出会えればきちんと利益が上げられるものです。まずは業者選びからスタートしてみてはいかがでしょうか。