サラリーマンだからこそやるべき太陽光発電投資

このページでは、忙しいサラリーマンの給与事情や太陽光発電の情報・口コミをまとめています。

サラリーマンだからこそ太陽光発電投資が向いている4つのポイント

サラリーマンでも無理なく続けることができると評判の太陽光発電投資ですが、なぜサラリーマンに人気なのでしょうか?その理由を4つのポイントにまとめてみました。

サラリーマンだからこそ融資が受けやすい

太陽光発電投資を始める方法として一般的なのが、太陽光発電システムを自宅の屋根などに導入する方法と、投資用の分譲物件を購入する方法の2つ。どちらのケースを選択するにしても、まとまった初期投資が必要となり、ほとんどの人は金融機関からの融資を受けなければなりません。

金融機関からすると、その人がどれだけ信用できるかがお金を貸すかどうかのポイントとなります。サラリーマンといっても年収数千万円の大企業の幹部から年収300万円程度の入社したばかりのサラリーマンまで様々ですが、正社員というだけで一定の信用度があるのは確かです。

また、太陽光発電などの再生可能エネルギーの促進というのは、国を挙げて取り組んでいる重要課題で、大手のメガバンクから地方の銀行や信用金庫まで、名称は異なりますが太陽光発電に特化した金融商品を設けているケースがほとんどです。さらに太陽光発電投資をサポートしてくれる業者の中には、融資を受けるため金融機関に同行してくれるところもあります。

サラリーマンだからこそリスクが比較的、低い

サラリーマンが投資をする理由は様々です。独身であれば単純に自由に使えるお金を増やしたいという人もいるかもしれませんが、家庭を持っていると住宅購入のための頭金や子どもの学資のためといった切実な事情がある人も少なくありません。

もちろん、投資をして失敗できないというのが本心です。マンションやアパートなどの不動産投資だと、空き家になってしまうとその分、家賃が入ってこなくなってしまいますが、太陽光発電投資は、発電した電気を固定価格で20年間、買い取ってもらえることが決まっています。

そのため、収支の予想が立てやすいというメリットがあるのが魅力です。

運用する時間や手間がかからない

サラリーマンは、決まった時間を会社に拘束されているため、自由な時間をとることが困難。そのため、副業にかける時間がほとんどなく手間がかかるものは不可能といっても過言ではありません。

また、若い頃は無理がききますが歳をとってくるとサラリーマンの仕事をしながら別の仕事をするというのはかなりの負担がかかります。その点、太陽光発電投資はメンテナンスが非常に楽で、慣れてしまえば業者に頼らず自分で行うことも可能。

車で行くことができる範囲であれば、2~3か月に1度のメンテナンスでも十分なので、負担がかかりません。

初期投資にかかる費用が少なくなってきた

先ほど、太陽光発電投資を始めるにはまとまった投資が必要だと紹介しましたが、2012年の制度開始から目覚ましい勢いで技術が進歩しており、より少ない金額で高性能なシステムを導入できるようになりました。そのため、今後も更なるコストダウンが期待できます。

2019年の今やるべきか

2012年の制度スタート時に比べると、国による買取価格は下落傾向にありますが、収益性が大きく下がっているかといえばそうではありません。

理由は、初期投資にかかる費用が当時ほどかからなくなっているから、そして太陽光パネルの変換効率が格段に進歩しているからです。収益性を検討する上で重要となる利回りは、初期投資額と収益との比較で計算されます。

そのため、2019年現在でもしっかりと土地を選んで太陽光発電投資を行えば10%以上の利回りを得ることも十分に可能。

そのため、太陽光発電投資に興味がある人は今からでも決して遅くないと言えます。興味がある人は、色々とリサーチしてみてはいかがでしょうか?

サラリーマンが太陽光発電投資をした際に考えられるリスク

太陽光発電投資は、20年間という長期にわたって行うので様々なリスクが考えられます。どのようなリスクがあるのかチェックしていきましょう。

自然災害

屋外にシステムを設置する太陽光発電投資において、自然災害による影響は避けて通れません。一言で自然災害といっても種類は様々です。

台風による被害

最も注意しなければならないのが台風です。夏から秋にかけて、毎年のようにいくつもの台風がやってくる日本では、台風のリスクに対するケアが必要となります。

太陽光発電パネルのほとんどは、台風などの強風にも十分、耐えられるように設計されていますが、注意しなければならないのは、強風によって飛んできた石や木などが太陽光発電パネルを傷つけてしまうことです。

これについては対策の仕様がないので、保険に加入するのがベスト。

火災保険や動産保険といった保険がおすすめ。

落雷による被害

続いての自然災害は落雷です。実はこの落雷、風力発電では被害が報告されていたものの、太陽光発電パネルでは直接、落ちることはないと考えられていました。

ところが落雷の被害に遭うことが判明。また太陽光発電パネル本体には落ちなくても周囲にある重要な機材などに落ちてしまって発電量が低下したり最悪の場合、完全にストップしてしまうこともあるのだとか。

このような場合は、遠隔監視システムで発電がちゃんと行われているかどうかをチェックするほか、メンテナンスを業者に依頼しているのであればすぐに確認にいってもらうようにしましょう。この落雷も火災保険や動産保険で対応可能です。

積雪による被害

最後は積雪です。雪の降りやすい地域や山などの高い位置に太陽光発電パネルを設置している場合は、積雪のリスクも考えなければなりません。しかし積雪があった場合も基本的には雪かきなどの除雪を行う必要はありません。

太陽光発電パネルは、パネルの一部でも日光にあたると発電を行い、その熱で雪が溶けてしまうからです。また、パネルは傾斜がついており、表面が強化ガラスでできているので積もった雪が下へ滑り落ちやすくなっています。

雑草のリスク

自然災害以外で想定されるリスクが雑草の処理。屋根の上に太陽光発電パネルを設置する住宅用であればそれほど気にする必要はありませんが、投資目的で太陽光発電パネルを設置する場合はかなり面倒です。

雑草が太陽光発電パネルを覆いかぶさってしまうと当然、発電量は低下してしまいます。

それ以外にも太陽光発電パネルの裏側に雑草が絡みついてそれが原因でショートしてしまい火災が発生するということも考えられるので、定期的に処理をしなければなりません。一番、効果的なのは、パネルを設置しているところをコンクリート舗装してしまうこと。そうすれば草が生えてくる心配はありません。ただしその分コストがかかってしまいます。比較的、安く済ませようと思ったら防草シートや砕石を敷き詰める方法なども効果的です。最も安上がりになるのが除草剤の散布や草刈りを自分で行う方法。しかし、かなりの手間と労力が必要となってしまいます。

鳥のフンのリスク

鳥の糞などでパネルが汚れてしまうというのもリスクの1つ。ほとんどの場合は、雨などで流れ落ちてしまいますが、雨がなかなか降らないままになってしまうとその部分から発熱してしまい、パネルの一部分が破損してしまう「ホットスポット」という現象が起きてしまうことも考えられます。

しかし、これはかなりレアなケースなので、そこまで心配する必要はありません。万が一、汚れてしまっている場合は、自分できれいにしようとするとパネルを傷つけてしまう可能性があるので、メンテナンス業者にお願いした方が安全です。

盗難などの人的リスク

人的なリスクとしては、盗難などの被害が考えられます。中でもケーブルは、盗むのが簡単で換金しやすく、追跡するのが困難などの理由から被害が多く報告されています。太陽光発電投資は20年という長い期間にわたり行うので、その間に被害に遭うことも考えられます。対応策としては、やはり防犯カメラが一番、効果的。設置することが一番の抑止力につながるのでおすすめです。

サラリーマンが太陽光発電投資で副収入を得るのに必要な初期投資

サラリーマンが副業で太陽光発電投資を行う場合に必要な初期投資はどれくらいなのでしょうか?仮に年間100万円の収入を得るとなると毎月の金額は約84,000円。一般的なパートによる自給に換算すると週4日ほど働いてもらえる金額なので、副業の相場としてちょうどいいところかもしれません。

ですので、ここでは年間収入100万円というのを1つの基準にして解説していきます。

2019年現在、10kW以上を発電する産業用発電所の場合、売電の単価は14円となっており、年間100万円を達成するためにはパネル出力45kWの設置が必要となります。1kW発電するのに10㎡の敷地が必要とされているので計算すると510㎡、つまり約150坪ほどの土地が必要です。都市部にある一般的な民家の敷地が30~40坪ほどなので民家4~5軒が建てられる広さをイメージすると良いかもしれません。

次に太陽光発電システム本体の価格ですが、資源エネルギー庁が売電価格の設定のために毎年、行っている太陽光発電システムの設置価格調査によると2018年の調査結果による適正費用の目安は、土地代込みで1kWあたり24.4万円。つまり45kWの太陽光発電システムを設置するためには24.4万円×45kWで約1,098万円となり、1,100万円もの初期投資が必要だという計算になります。単純計算だと12年ほどで初期投資分を回収することができ、その後は、年間100万円の副収入を得ることができるという計算になります。

サラリーマンこそのメリット!融資について

太陽光発電投資を行う場合に重要となる初期投資のための融資。国内には様々な金融機関があります。では、どこで融資を受けるのがよいのかを見ていきましょう。

金利ベースでは政策金融公庫がおすすめ

金利をベースに考えると政策金融公庫がおすすめ。金利が最も安く1%台で借りることも十分に可能です。個人の太陽光発電投資でも融資を受けやすく、無担保や保証人がいなくても借りられる可能性があります。

銀行からの融資の場合

次に銀行ですが、こちらも場合によっては1%台で融資を受けられる可能性があります。ただし、普段から付き合いをしていることなどが条件。一般的には2%台での融資が現実的です。

続いて信用金庫は、金利がやや高く融資の対象を信用金庫の会員に絞っているケースが多く見受けられます。金利は2%前後が相場。

信販会社の場合

最後に信販会社は金利が他の金融機関に比べて割高ですが、審査のスピードが早いのが特徴です。銀行巡りや政策金融公庫の手続きで時間を取りたくない人にはおすすめ。

融資を受けるうえでの担保について

次に融資を受ける上で必要となる担保ですが、サラリーマンなどの個人投資家の場合、担保にできるものを持っているケースはとても稀です。

土地付きの太陽光発電投資をする場合であれば、購入した土地を担保に入れることができますが、これらで使用される土地は市場価格が低いので、高い評価を受けるのが困難。土地を購入せずに借りるタイプであれば担保に入れる土地すらないことになってしまいます。

そこで注目したいのが「ABL(アセット・ベースト・レンディング)」という制度。

「ABL(アセット・ベースト・レンディング)」とは

銀行や信用金庫などの金融機関で活用することができ、債権や動産などを担保に入れることができる仕組みのことです。

太陽光発電投資であれば、ソーラーパネル、パワーコンディショナー、架台といった機械設備などを動産として、また再生可能エネルギーで発電した電気を固定買取価格制度に基づいて電力会社に供給することで発生する売掛債権を債権として担保に入れることができることになります。

審査の難易度

最後に審査の難易度ですが、金利が安い順に厳しくなることになります。

ですので、良い条件での融資を受けたい場合は、金利が安く審査が難しいところから申し込むのがよいでしょう。

結局サラリーマンにとってはどれがいいの?その答えは専門業者が知っています。

このように、色々と説明してきましたが、結局、どれが自分に合っているのか結局、分からないという人もいるのではないでしょうか?そこで頼りになるのが太陽光発電投資の物件を扱っている専門の業者です。

同じようなケースをクリアするなどノウハウも豊富で、会社によってはファイナンシャルプランナーが在籍していたり、金融機関まで一緒に出向いて交渉に参加してくれるところもあります。融資でサポートをしてほしい人は専門業者に相談してみましょう。

太陽光発電投資の利回り

太陽光発電投資の利回りの種類としては、大きく分けて表面利回りと実質利回りの2種類があります。

表面利回りは、「年間売電収入÷初期投資費用×100」で計算されます。表面利回りの大きな特徴は、メンテナンス費用などのその他の費用が含まれていない表面上の利回りであること。この利回りだけを参考に考えていると実質的な利回りは必ず下がってしまうので、あとからこんなはずじゃなかったということになってしまうので注意しましょう。

一方、実質利回りは、「(年間売電収入-年間支出)÷初期費用×100」で計算。より現実的なシミュレーションが可能ですが、初期投資額とランニングコストに漏れがないかチェックする必要があります。

サラリーマンの平均年収と老後資金はどのくらい?

サラリーマンの年収や年金受給額、老後に必要なお金についてしらべました。

サラリーマンの平均年収

民間給与実態統計調査によると、平成28年度の平均給与は422万円となっています。前年度から0.3%増でした。徐々に給与は増加傾向です。しかし、期待を持てる程度ではないでしょう。

老後にもらえる年金はいくらぐらい?

サラリーマンの老後にもらえる年金は平均で14万5千円ほど。結婚して家庭に入るケースの多い女性は、男性平均の約16万円と比べて受給額が10万円程度と安くなっています。

老後に必要なお金はいくらぐらい?

老後に必要なお金を、65歳の年金受給開始から20年を想定して算出してみましょう。月々の生活費が20万円+交際費5万円とします。また、年金額を月14万円としてみましょう。

25(万円)×12(か月)×20(年)=6,000万円

14(年金)×12(か月)×20(年)=3,360万円

6,000-3,360=2,640万円

2,640万円ものお金が年金とは別に必要になるのがわかりました。年間では132万円、月々11万円です。

老後資金の蓄えに太陽光発電投資がおすすめの理由

サラリーマンが投資をする場合、リスクを考えて安定している投資先を探すのがベストです。

太陽光発電投資にかんする基本的な情報を見てみましょう。

初期投資費用 海外パネルを含む 30万円~35万円/kw
国産パネルのみ 35万円~40万円/kw
※海外パネルを含む設備を40kw導入するなら30~35×40で1,200万円から1,400万円が必要になります
利回り 10%前後
リスクの低さ ・固定価格買取制度があるので利益が安定している
・施工技術や投資ノウハウが蓄積されている
・悪徳な業者の淘汰が進んでいる
メリット ・業者任せでいいので時間を割く必要がない
・金融機関から借り入れが可能
・しっかりメンテナンスを行えば20年以上利用できる

太陽光発電には売電価格固定買取という制度があります。契約時に、その年ごとに決められている価格で20年間買い取り続けてくれるという制度です。そのため、安定した収入を得やすいメリットがあります。制度終了後でも設備はあるわけですから、売電が可能です。

売電額が年々下がってきていますが、施工技術やノウハウの蓄積により初期費用が安くなっていっているため利回りは10%前後と変化はあまりありません。むしろ、イニシャルコストが下がっているため参入しやすくなっているのです。

株やFXと違い、金融機関からの借入れが可能なのもメリット。手持ちの資金が少なくても投資を始められます。

物件の設置や管理メンテナンスは業者に任せてOKなので、忙しいサラリーマンにピッタリです。

サラリーマンが太陽光発電投資をする際に押さえておくべきポイント

副業が禁止されていないか確認する

サラリーマンが副業するうえで注意したいのが、まず「会社で副業が禁止されていないかどうか」です。副業を認めている企業jも出てきていますが、まだほとんどの企業gは副業を禁止しているのが現状。副業することによって本業に不利益になることのリスク回避や情報漏洩などが理由です。

太陽光発電投資は事業所得にあたるため、住民税を自分で収める普通徴収にできます。しかし注意が必要なのは投資で赤字が出てしまったとき。赤字が出ると所得税と住民税を抑えられるので一見するとメリットに見えますが、大幅に減少した住民税を見て、会社の経理担当者に不審に思われる可能性があります。

資産運用の目的と期日をはっきり決めておく

資産をいつまでにどれくらいの額を作っておくのか、目的をはっきりさせておくのも大事なポイントです。

子どもの養育費の場合は幼稚園入学から高校卒業までを考えると最低200~300万円はあった方が良いでしょう。退職金の代わりに資産を作っておきたい場合は、年金が支給される年齢までに蓄えておきたい金額を計算しておくべきです。

それぞれの目的に合った目標額と「いつまでにどれくらい貯めるか」という期日を決めておくことで、計画的な貯蓄ができるようになってくるでしょう。

ライフプランに合わせて投資のシミュレーションをしておく

どれくらいの期間で、どの程度の資産を積み立てておくかが決まったら、今度は計画の細かいシミュレーションをしていくことをおすすめします。

太陽光発電は地域の日当たり具合や日照時間によって電力の供給量が変わってきますが、それぞれのエリアの日照時間に関するデータは豊富なので計算は容易です。自身が住む各都道府県と太陽光発電所の確認をしましょう。そうすれば一年間の収益が出せます。

この計算によって出てきた金額を基に、これから想定されるメンテナンス料や風水害による故障修理などを組み合わせて支出総額の計算も可能です。これらの計算方法を覚えることで、より試算運用のシミュレーションが明確になってきます。

ネットなどで数社を一括見積もりして比較検討する

仕事の合間をぬって複数の業者に出向いて見積もりを取ることは簡単なことではないでしょう。そこで活用したいのが複数の業者を一括で見積できるネット見積もりです。太陽光発電業者の一括見積サイトを使えば、複数の業者の見積もりが一目で比較できます。

見積もりサイトは多くありますが、業者自体が紹介している見積もりサイトは出された費用に偏りが生じることも。業者が運営しているサイトではなく、中立的な立場で見積もりを出している一括サイトを利用しましょう。

比較する際は単に費用だけで見比べるのではなく、業者が打ち出しているプランやサービスなどについても知っておく必要があります。そのためには、太陽光発電投資についての知識を持っておくことも大事です。

太陽光発電投資を行っているサラリーマンの口コミ

元本300万円のスタートできました

家族を説得し、太陽光発電投資をすることに。元本は300万円でしたが、今では1日1万円以上の売電があります。物件探しで重視したのは、「融資までに買えるもの」「単価が高い」そして、「長年の実績と情報公開をきちんとしているか」でした。そうして始めた投資は順調です。

利回り14.7%を実現

1年間の詳細を見てみると、初期投資1,500万程度だった物件の利回りが14.7%程になっていました。天候に恵まれたのもあるでしょうが、設備の劣化やトラブルもなかったので安心です。いろいろ投資をしていますが、太陽光発電が一番安定していますね。

天候に左右されますが順調です

普段は200kw程度の発電量ですが、調子がいいときは280kwほどにもなります。雪が降る地域の場合、天気がやはり心配になりますが運よく順調推移しています。ただ、別の場所は雪の影響を受けてしまいました。今後は雪が降らない地域を選ぶようにしたいですね。

未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。