独身女性

このページでは独身女性の給与事情を調べ、年金額や老後に必要な費用をまとめています。老後資金を貯めるのにおすすめな太陽光発電投資についても紹介しているのでチェックしてみてください。

独身女性の平均年収と老後資金はどのくらい?

30代独身女性の平均年収や年金受給額、老後に必要なお金について調べました。

独身女性の平均年収

マイナビウーマンのWebアンケートによってわかった30~39歳独身女性の年収は、最も層が多い金額で300~350万円。ついで250~300万円という結果になりました。月収で言うと25万円程度ですね。DODAが公表している30代男性の平均年収が455万円なので、やはり男女差が大きく出ることがわかります。

老後にもらえる年金はいくらぐらい?

会社勤めで独身の場合、老後にもらえる年金は厚生年金になります。厚生労働省が公表している「厚生年金保険・国民年金事業の概要」によると、年金の平均支給額は月10万8,000円ほどでした。

老後に必要なお金はいくらぐらい?

老後に必要なお金を考える際、男性と女性で差が開くのが平均寿命の長さ。女性は男性よりも平均寿命が長いので、より多くの資金が必要になります。現代女性の平均寿命は86.99歳。60歳で定年退職を迎えた後、27年近い老後生活が待っているのです。

実家暮らしにせよ一人暮らしにせよ、60歳を過ぎた独身女性は家賃や生活費のほぼすべてを自分で払う必要が出てくるでしょう。年金の月10万円では生活が難しくなります。仮に毎月20万円のお金で生活したと仮定して、必要なお金を計算してみました。

20万円×12ヶ月×27年間=6480万円

およそ6500万円の老後資金が必要になります。このうち年金でカバーできるのは3000万円ほど。老後に安定した暮らしを求めるなら年金以外に3000万円以上のお金を用意しておかなければならないことになります。

老後資金の蓄えに太陽光発電投資がおすすめの理由

老後に向けて毎月の給料からコツコツ3000万円を貯金する方法もありますが、少ない収入の中うまくやりくりするのは簡単ではありません。22歳から仕事についたとして60歳までに3000万円を貯めるには、月々7万円の貯金が必要です。

そこでおすすめなのが太陽光発電投資。太陽光パネルは耐久性が高いため故障の心配が少なく、定期的なメンテナンスを業者に任せられるので手間がかかりません。初心者でも簡単にはじめられる投資方法なんです。

初期投資費用 海外パネルを含む 30万円~35万円/kw
国産パネルのみ 35万円~40万円/kw
※海外パネルを含む設備を40kw導入するなら30~35×40で1,200万円から1,400万円が必要となります
利回り 利回り10%前後
リスクの低さ ・固定価格買取制度があるので価格が安定している
・施工技術や投資ノウハウが蓄積されている
・悪徳な業者の淘汰が進んでいる
メリット ・大きなリスクなく安定した利益が得られるのでハードルが低い
・メンテナンス次第で長期間の利益が見込める
・自己資産が少なくても融資を利用しやすい

太陽光発電投資に必要なのは、業者から土地付きの発電所を購入することだけ。あとはつくられた電気を自動的に電力会社が買い取ってくれます。メンテナンスも基本的には企業が対応してくれるので余計な手間がかからないのが最大の魅力。おしゃれに気をつかいながら老後資金も貯めたいという女性にピッタリなんです。

マンション投資の空室リスクのような懸念点も少ないので、ハードルの高い投資には手を出せない独身女性も挑戦しやすいでしょう。きちんとメンテナンスしていれば何十年も稼働してくれるので、安心して長生きできます。

太陽光発電投資をおこなっている独身女性の口コミ

低リスクで安定した収入が見込める点が◎

いい年齢になってきたので将来使えるお金を資金運用で増やせないか考えはじめました。そこで出会ったのが太陽光発電。株やFXのようにハイリスクハイリターンではなく、安定した収入が期待できる点が魅力でした。初期投資は100万円。限りある資金で回していくには最適な資産だと感じています。

低リスクで投資でき、自己資産が少なくても利用できる点が独身女性によって大きなポイントとなっているようですね。太陽光発電は故障が少なく比較的寿命も長いと言われていますが、性能を落とさずに稼働させるためにはメンテナンスが必須。パネルの汚れや雑草の有無が電気量に大きく影響します。投資を考えるなら工事後も細やかなサポートしてくれる業者選びが肝心。しっかりした業者に頼めば仕事を辞めた後の収入源として活躍してくれるかもしれません!