再生可能エネルギー

太陽光発電投資からの乗り換え候補!再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは、石油や石炭といった「使ったらなくなってしまう」有限の資源と違って、尽きる心配のないエネルギーのこと。

具体的には、

  • 太陽光
  • 風力
  • 水力
  • 地熱
  • バイオマス

といった自然エネルギーを指します。

再生可能エネルギーが注目されている理由

東日本大震災による原子力発電所の被災によって、国内では脱原発の流れが進み、それまで原子力発電所頼りだった電力供給に問題が出てきました。

ひとまずは火力発電を中心とした電力供給で対処していますが、火力発電は石油や石炭といった化石燃料を必要とします。国内ではこれらのエネルギー資源のほとんどを輸入に頼っており、有限資源である石油・石炭はいつか尽きてしまうため、原子力発電にも火力発電にも頼らない電力供給手段を確保しなければなりません。

そこで注目されたのが、再生可能エネルギーです。ただ、再生可能エネルギーを使った発電所の建設には、少なくないコストがかかります。そのため、国は「FIT制度」と呼ばれる電気の固定価格買取制度を設け、再生可能エネルギーによって発電した電力を、一定期間電力会社に買い取ってもらえるようにしました。

これによって、太陽光発電所や風力発電所等に投資し、その発電所で生み出された電気を売ることで売電収入を得る、発電投資が活発になったのです。

太陽光発電バブルから次の再生可能エネルギーへの乗り換え

再生可能エネルギーの中でも、太陽光発電投資は一時的にバブルを起こしました。メガソーラーと呼ばれる大規模発電所への投資はもちろん、住宅に設置するような個人レベルの太陽光発電設備も次々に開発されたからでしょう。設置の手軽さや税の優遇を受けることができ、高水準のFIT価格(売電価格)によって利回りも良かったため、太陽光発電投資の市場は急成長したのです。

ただ、FIT価格の値下げや税制優遇の終了によって、太陽光発電投資の利回りは一気に低下してしまいました。そこで、次なる投資先として太陽光以外の再生可能エネルギー発電投資が注目されています。

順番に、どのような再生可能エネルギー発電があるのか見ていきましょう。

風力発電投資とは

風力発電投資とは、風の力で風車を動かし、その回転エネルギーを使って電気をつくる発電所に対して行う投資です。太陽が出ている日中しか発電できない太陽光発電と違って、風さえ吹いていれば24時間発電できるというメリットを持っています。

一方、山林が多く平地の少ない日本では、風力発電に適した平地を確保するのが難しいという問題点があるのも事実です。ただ、土地が狭くても設置でき、徐々に国産の発電設備も増えてきていることを考えると、太陽光発電投資からの乗り換え先としては有望といっても良いでしょう。

>>風力発電投資とは

水力発電投資とは

川や水路、ダムから放流された水の落下エネルギー等を使って発電する、水力発電所へ投資するのが水力発電投資です。24時間安定した発電能力を発揮することができ、大規模な発電所を構えれば、年間数千万円の売電収入を得ることもできます。

ただ、川やダムの数は限られているため、どこにでも設置できるわけではないのが問題です。ダムに設置する大規模な発電所は建設コストも高いため、個人レベルでは投資しづらいでしょう。

とはいえ、自治体等が投資を募って水力発電所を建設する可能性もあります。個人で利用できる小型水力発電設備の開発も進んでいるため、今後普及率が上がれば、投資商品として魅力的になる可能性を持っている再生可能エネルギーです。

>>水力発電投資とは

地熱発電投資とは

地球の深部にある地熱のエネルギーを取り出して発電する、地熱発電所に投資するのが地熱発電投資となります。環太平洋火山帯の上にある日本は、非常に地熱が豊かですし、小規模な地熱発電所はFIT価格も高いため、狙い目です。

大規模な施設は数十億円レベルの建設コストが必要なので、あまり現実的ではありません。しかし、温泉くらいの熱源があれば発電できる小型発電機が開発されて普及率が上昇中なので、投資を考える価値は十分にあるでしょう。

>>地熱発電投資とは

バイオマス発電投資とは

本来なら廃棄される廃材や間伐材、家畜の排泄物などを燃やして発電するのが、バイオマス発電です。資源を再利用するという性質上FIT価格も優遇されているため、バイオマス発電投資は太陽光発電に比べて高い利回りを追求できます。

一方、普及率の低さと将来的にどうなるかわからないという問題があるため、太陽光発電投資に比べると、リスクはやや高めです。

>>バイオマス発電投資とは