やるなら今! 太陽光発電投資のススメ » 太陽光発電投資のリスクや不安に対する【Q&A】

太陽光発電投資のリスクや不安に対する【Q&A】

太陽光発電投資のリスクや不安に、Q&A形式でお答えします。

太陽光発電投資の不安に答えるQ&A

こちらでは、太陽光発電投資のリスクをQ&A形式で分かりやすく解説するコーナーです。「売電単価が下がっているけど平気?」「ちゃんと儲かるの?」「故障するリスクは?」などなど、太陽光発電投資には興味があるけれど、踏ん切りがつかない…そんな不安を一つずつ解消していきます。

Q.売電単価が下がっているけど…

A.売電単価が下がっても利益は見込めます

2012年に固定価格買取制度(FIT)がスタートしたことにより、向こう20年間は固定額で売電できるようになりました。しかし年を経るごとに売電単価が下がっており、このまま下がり続ければ利益が見込めないのではないかという意見もあります。

しかし年を経るごとに変わっているのは売電単価だけではありません。技術が進歩してだんだんと太陽光パネルの性能が良くなり、コストが急速に安くなっているのです。このままコストダウンが続けば、たとえ20年後に10円台まで売電単価が下がっても9~10%ほどの利益が維持できるといわれています。

Q.そもそも儲かるの?

A.長期に渡って高い収益性を確保できます

太陽光発電投資は、表面利回りが10.0%前後と好条件。固定価格買取制度(FIT)によって20年間は固定額で買い取ってくれるため、ローリスクながら高い収益を見込める投資です。高い収益性がある理由は3つ。

  1. 20年間、固定額で売電できる
  2. 競合が増えても減収がない
  3. 日当たりさえ良ければどこでも設置可能

Q.天候に左右されるのでは?

A.1年のうち晴れる日は平均6割もあるため、年単位で見れば収益に大きな差はないものと思われます

太陽の光を電力に換えるというシステム上、利益が天候に左右されるのは仕方のないことです。しかし、日本の平均晴天日数は217日。1年のうちおよそ6割が発電に差し支えないほど晴れています。土地付き太陽光発電を取り扱っている業者であれば、それぞれの地域の天候や特性を理解しているため、日照量に合わせたシミュレーションをしてどれくらいの収益が見込めるかを算出してくれるでしょう。

Q.自然災害で破損の可能性は?

A.メンテナンスやアフターサポート内容に優れた業者を選べばリスクを抑えられます

太陽光発電の設備は一度設置したら動かせないので、自然災害のリスクは避けられないものです。万一のために、各メーカーの自然災害補償に加入するのがおすすめ。

また、破損には至らなくても、鳥の糞尿や砂塵でパネルが汚れるとパフォーマンスが低下します。些細なことでも積み重なれば大きな故障に繋がるものです。頻繁にメンテナンスをしてくれる業者を選べばパフォーマンスの低下に気づきやすく、破損したときにも素早く対応してくれるでしょう。業者を選ぶときには、メンテナンスを頻繁にしてくれて、自然災害による破損時にはどんな対応をしてくれるのかを明確に伝えてくれる業者を選ぶのがコツです。

Q.パーツが盗まれることはない?

A.パーツが盗まれることはありますが、パネルは登録されているので国内での転売が困難です

産業用の太陽光パネルの盗難は多発しています。売電目的のパネルはすべて登録されているので、国内で転売するのは困難です。そのため、建設前のパネルが盗まれたり、設置済みのパネルが海外で転売されたりしているようです。

盗難被害を防ぐために、防犯カメラや高い柵の設置などを行います。また、常にキレイな状態に保つことが「頻繁に作業員が来ているなら鉢合わせしてしまうかもしれない」という印象を与え、防犯に繋がるようです。パネルの寿命を延ばす意味でも防犯と言う意味でも、メンテナンスの頻度が高い業者を選ぶのは大きなメリットだといえるでしょう。

Q.何年もつの?経年劣化による破損は?

A.太陽光パネルは20~30年、パワーコンディショナーは10~15年もちます

法的な耐用年数は17年ですが、太陽光パネルは20~30年、パワコンは10~15年が平均寿命だと言われています。寿命を超えたからといっていきなり使えなくなるわけではありません。適切なメンテナンスを行って丁寧に使い続ければそれだけ長く稼働させることができるのです。

Q.トラブルはないの?

A.近隣住民とのトラブルが意外と多いので、住民の声にしっかりと耳を傾けてくれる業者を選ぶと安心です

投資目的だとその土地に住むわけではないのでイメージがしづらいと思いますが、じつは太陽光発電で近隣住民とトラブルになることは珍しくありません。もっとも多いのは、パネルに光が反射して隣家を照らし、まぶしいうえに気温が上がってしまい、トラブルに発展するというケース。20年という長いスパンでお付き合いを続けていく近隣の住民にも配慮してくれる業者を選べば、トラブルを最小限に抑えられます。

信頼できる業者に頼めばリスクは抑えられる!

未来への「投資」である以上、リスクはつきもの。しかし、株や不動産への投資に比べたら太陽光発電はローリスク。リスクこそあるものの、安心して資金運用ができるという点で、とても手堅い投資方法だといえるでしょう。

太陽光発電に関するリスクの多くは、優良業者に依頼すれば軽減できるものです。しかし、すべての業者が信頼できるわけではありません。どんな業界であれ、良い業者もいれば悪徳業者もいます。少なくとも20年は資産運用を任せるのですから、業者選びは慎重に行いましょう。