FIT(固定価格買取制度)終了後の対応

FITとは、再生可能エネルギーの固定買取価格制度のこと。発電した電気を20年固定した金額で買取りを行うことを国が約束するというものです。長い間、同じ価格で買い取ってくれるから安心だと考えて始めた投資家の人たちが見落としてしまいがちなのが、期間終了後にどうすればよいかということ。2012年に始まった施策なので、すぐに始めた人であっても2032年まで、まだ時間がありますが、同じような問題に直面しているのが、家庭用の太陽光発電です。住宅用の余剰電力の買取制度は2009年に始まり、買取期間は10年。つまり、早い人だと2019年に買取期間が満了し、2023年までに満了を迎える設備は全国で160万件以上あるとも言われています。期間が満了となってしまうと、どれだけの価格で買い取ってもらえるのかが不透明です。

FITの期間満了に向け、どのようにするのがよいのか確認していきましょう。

FIT買取終了後の対応

電気を売る

住宅用の太陽光発電システムは、FIT終了後も売電を継続することが可能です。ただし、これまでと同じ単価で買い取ってもらえるという可能性は低く、単価が下がってしまうことが予想されます。単価がどの程度になるのかをしっかりと見極める必要があります。

自分で使用する

太陽光発電システムは、昼間しか発電をすることができないため、夜間は電力会社から電気を購入しなければなりませんが、家庭用の蓄電池を導入することで日中に使用しなかった電機の蓄電や充電ができるようになります。これによって自家発電した電気を夜間も使えるようになるため、1日中の電気代が一切かからないという風にすることも可能です。送電によるロスが少なくなるのも特徴です。また、近年、開発が進んでいる電気自動車の普及が進めば、これに活用することも考えられます。

一度専門家に相談するといい

電力会社への売電を続けた方がよいか、発電した電気を自宅で使用した方がよいかというのは、一概には言えないのが現状。どこに電力を買い取ってもらうのか、売電の単価はいくらになるのかなど複合的な要因が絡んでくるからです。そのため、どうすればよいかを自分で判断するのが難しい場合は、専門家に相談するのも1つの方法かも知れません。

まとめ

まだまだはっきりしない部分が多く、どうなるか分からないFIT終了後の見通し。自分にとって有利なように売電を継続するか、自宅で活用するか判断することが重要です。

また長年、使用することによって太陽光発電システムそのものが老朽化してしまって発電能力が落ちてしまっている可能性もあるので、場合によっては太陽光発電システムそのものを売却してしまうというのも1つの方法かも知れません。

太陽光発電の売却についての関連記事

太陽光発電所売却のススメ

太陽光発電所売却はできるだけ高くできるだけ早くが合言葉。

太陽光発電所を売却するのにできるだけ早くそしてできるだけ高く現金化したいでしょう。このページでは高く売るための注意点やポイントの他、税金についてなども網羅的に紹介しています。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。