自然災害で破損の可能性は?

太陽光発電投資には、自然災害で設備が破損するリスクがあります。こちらでは、自然災害による被害の対策方法について解説しています。

自然災害のリスクは避けられない!

太陽光発電投資を検討するうえで忘れてはいけないのが「保証」です。太陽光発電にはたいていメーカー保証が付いていますが、それはあくまでもいつも通り使用して何らかの異常が見つかった場合にのみ適用されるもの。台風や落雷など、自然災害による被害には対応できないのです。

自然災害による被害は、台風などの強風による倒木や飛来物によるパネル破損、落雷による停電、豪雪による架台の損傷などが考えられます。太陽光発電は屋外に設置され、簡単には動かせないので、どうしても自然の影響を受けてしまうもの。リスクを回避するためにも、いざというときに自然災害補償を受けられるような太陽光発電設備を購入することをおすすめします。

自然災害補償とは?

自然災害補償とは、特定の自然災害が起こった場合に

各メーカーが自然災害補償を用意し、販売会社が任意で加入します。ただし、自然損害補償は各メーカーが用意しているものであり、単体で販売されているわけではないので、車の任意保険のように購入者が個別に加入することはできません。

自然災害補償を受けるためには

自然災害補償を受けたいという場合は、メーカーの自然災害補償に加入している販売会社を選ぶ必要があります。自然災害補償加入している販売会社で設備を購入したら自動的に加入することになります。

自然災害補償の対象になる8つの災害

  1. 火災
  2. 落雷
  3. 台風・暴風雨・豪雨などによる風災
  4. 雹(ひょう)災
  5. 豪雪・雪崩などによる雪災
  6. 台風、暴風雨、豪雨などによる洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れなどの水災
  7. 破裂または爆発
  8. 建物外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊

しっかりと自然災害対策をしてくれる業者の選び方

1.トラブル時の初動が早い

万が一故障したりパフォーマンスが落ちたりしたときには、発電できない期間をいかに短くするかがカギ。業者の対応期間が短ければ、損害を最小限に食い止めることができます。トラブルがあった場合にも親身に対応してくれるか、初動が早くすぐに駆けつけてくれるかどうかは契約前にぜひ確認しておきみましょう。

2.メンテナンスの頻度が高い

太陽光発電のメンテナンスは1年に1回というのが一般的ですが、業者の中には月1単位でメンテナンスを行ってくれるところもあります。メンテナンスの頻度が高いと設備の故障や発電力の低下にいち早く気づくことができますし、20年間ずっと天気や設備の状態に気を使う必要もありません。メンテナンスの頻度もチェックしておきたいポイントです。

業者選びはメンテナンス・サポートの頻度や内容が重要

太陽光パネルは屋外に設置するため、自然による災害や被害は避けられず、未然に防ぐのは実質不可能です。故障とまではいかなくても、設備は屋外に設置するので、さまざまな自然の影響を受けます。例えば、鳥の糞尿やキズ・砂塵によってパフォーマンスが低下する、ソーラーパネルの下にハチの巣ができてしまい運用・保守が困難になるというのはよくある話です。ハチの巣はすぐに撤去すれば問題ありませんが、大きくなってしまうと活動が活発になり、除去作業の危険性が高まります。

どれも始めは他愛のない現象ですが、放置しておくと発電量の低下や設備の故障リスクに繋がるものです。だからこそ、メンテナンスやサポートの頻度や内容にこだわることが大切。太陽光発電は最低でも20年以上は続ける長期間の投資です。トラブル時の機動力や設置後のサポートに優れた業者を選ぶのが良いでしょう。

あわせて読みたい記事