太陽光発電投資と外貨預金、資産運用するならどっち?

外貨預金

日本円の金利が低迷を続けるのとは裏腹に、高い金利をキープしている外国の通貨。

金利は通貨の種類によって異なりますが、日本円の数倍に及んでいるものが多いため、近年は円預金から外貨預金に切り替える人も増えています

ここでは外貨預金に関する基礎情報やメリット、デメリットをまとめて紹介。

最近話題の太陽光発電投資と比べた場合、どちらに投資すればいいのかなど、気になる情報もリサーチしてみました。

外貨預金とは

外貨預金とは、米ドルやユーロなど日本円以外の外国通貨で預金する資産運用法のことです。

円預金の場合、日本円で預け入れ、日本円で払い戻す仕組みになっていますが、外貨預金はまず日本円を外貨に交換して預け入れ、払い戻す時は逆に外貨→日本円に交換することになります。

異なる国の通貨は為替レートを基準に交換されるため、外貨預金は為替レートの変動によって利益が大きく左右されることになります。

外貨預金の平均費用

外貨預金は各外国通貨の1通貨以上1補助通貨単位で申し込むことができます。

たとえば米ドルなら1米ドル以上1セント単位から申込可能です。そのため、このくらいなければだめということはなく、少額からでも預け入れOK。

ただ、外貨預金には手数料がかかるため、一般的には100万円~の資金を預け入れる人が多いようです。

外貨預金の利回り

外貨預金の利回りは通貨の種類や国の情勢などによって異なります。

外貨預金先の定番である米ドルなら普通預金で0.50%前後、定期預金なら3.00%前後が目安となっています。

一方で南アランドになると普通預金でも2.25%程度、定期預金になるとなんと20.0%とかなりの高金利になります。

外貨預金のメリット

外貨預金で資産運用するメリットは大きくわけて2つあります。

メリット1.金利が高い

円預金の金利はここ数年低迷の一途をたどり、0.020~0.010%あたりで推移しています。一方、外貨預金は大半の場合、日本円の金利より高めに設定されているので、効率よく資産を増やすことができます。

メリット2.為替差益が生まれる

外貨預金をする際、日本円を外貨に交換する必要がありますが、この基準となる為替レートは日々変動しています。

もし預け入れ時より払い戻し時のほうが円安になっていた場合、外貨から日本円に交換する際に差益が生まれ、より多くお金を受け取ることができます。

外貨預金のデメリット

外貨預金は利回りが高くハイリターンを期待できる反面、注意しなければならないデメリットもあります。

デメリット1.為替差損が出る場合がある

為替差益を見込めるということは、逆に為替差損が出る可能性があることを意味しています。

預入時より払い戻し時のほうが円高になっていた場合、金利で利益を上げていても差損で損失を出してしまう可能性があるので注意が必要です。

デメリット2.ペイオフの対象にならない

日本円の場合、預金者を保護するペイオフ(預金保護)という制度があり、万一預金先の金融機関が破綻したとしても、1,000万円までの元本とその利息が保証されます。

一方、外貨預金はペイオフの対象外なので、もし預け先が破綻した場合、資産をすべて失ってしまう可能性があります。

デメリット3.為替手数料がかかる

日本円と外貨を相互交換する場合、一定の為替手数料が発生します。

手数料は証券会社によってまちまちですが、少額を預け入れると金利より手数料が上回ってしまう可能性もあるので要注意です。

太陽光発電投資と比較した場合

外貨預金は通貨の種類によっては20%程度の高金利を見込めるため、円預金よりはるかに利益を上げやすいのがメリットです。

ただ、保証がないことや為替損益のことを考えると円預金よりリスクは高め。特に高金利の通貨はハイリスク・ハイリターンの傾向にあるため、長期的な運用にはやや不安が残ります。

太陽光発電投資は初期費用こそ大きいものの、20年間は固定金利で買い取ってもらえるため、安定した資産運用が可能です。

リスクも天候不順や機材の劣化によるものがほとんどなので、低リスクでの資産運用を考えているのなら太陽光発電投資を選んだほうがよいでしょう。