太陽光発電投資と投資信託、選ぶならどっち?

グラフとチャート

昔からある投資信託と、最近になって注目を集め始めた太陽光発電投資。

どちらも自分の資産を元手にして運用を始めるという点では共通していますが、投資にかかる費用や利回り、メリット、デメリットがそれぞれ異なります。

ここでは投資信託と太陽光発電投資をさまざまな面から比較してみました。

投資信託とは

投資信託とは、投資の専門家に資金を預け、株式や債券などの投資・運用を代行してもらう投資方法のことです

別名「ファンド」とも呼ばれており、運用成果は投資額に応じて分配される仕組みになっています。

ここでいう「投資の専門家」とは投資信託運用会社のことで、資金をどの対象に投資するかは各投資信託ごとの運用方針に沿って専門家が決断します。

投資信託の平均費用

投資信託は複数の顧客から集めた資金をひとつにまとめ、投資・運用を行います

そのため、一人あたりの資金はさほど多くはなく、最近は1万円程度の小額資金から投資できる商品も増えてきました。

実際の投資額は商品によってまちまちですが、1回あたりの取引の平均費用は1~50万円程度と言われています。

投資信託の利回り

投資信託の利回りは商品によって異なるため一概には言えませんが、主要なインデックスに投資した場合、平均利回りは4~6%程度と言われています。

投資信託のメリット

では投資信託で資産運用した場合、どんなメリットがあるのでしょうか?主な利点を3つ挙げてみました。

メリット1.少額から投資できる

株式投資などの場合、ある程度まとまった資金がないと投資することができませんが、投資信託は1万円程度あればいろんなファンドに投資することができます。

中には500円などワンコインから投資できるものもあり、初心者でも気軽に始められるのが特徴です。

メリット2.専門家が運用してくれる

投資はさまざまな知識と豊富な経験が必要で、初心者にはハードルが高いというイメージが定着しています。

一方、投資信託の場合、投資や運用は専門家が代行してくれるので難しい知識は必要ありません。

個人投資家ではなかなか買えない海外の株式や債券、特別な金融商品への投資も行ってくれるので、投資の幅が広がるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

メリット3.リスクを分散できる

どの投資商品でもリスクを分散する「分散投資」を行うのは基本中の基本。

ひとつの銘柄に対してすべての資産をつぎ込んでしまうと、万一株価が暴落した場合、一気に資産を失ってしまう可能性があるからです。

ただ、個人で分散投資しようとするとある程度まとまった金額が必要となるため、元手が少ない人は分散投資しにくいのが実状です。

その点、投資信託は複数の顧客から小口の資金を集めてまとめて運用を行うため、分散投資が容易。少ない元手でも分散投資が可能となっています。

投資信託のデメリット

投資信託はメリットが多い反面、デメリットもいくつかあります。

デメリット1.諸経費がかかる

投資信託では投資資金のほかに、さまざまな諸経費がかかります。

最たるものは販売手数料で、1口の購入価格に対して所定の手数料を支払うことになります。

販売手数料は金融機関によってまちまちなので、あらかじめ確認しておくことが大事です。

デメリット2.元本が保証されない

投資信託には元本保証がないので、運用実績によっては元本割れを起こす可能性があります。不景気になって企業の業績が下がったりすると投資信託の価格下落につながるため注意が必要です。

太陽光発電投資と比較した場合

初期投資として1,000万円程度の資金が必要になる太陽光発電投資に比べると、投資信託は1万円程度から手軽に投資をスタートできるところが一番の魅力です。

運用はプロが代行してくれるため、初心者でも取っつきやすいのもメリットのひとつと言えるでしょう。

ただ、元本割れの可能性があることや、運用期間中に多数の諸経費が発生することを考えると意外とリスクは高い傾向にあります。

少額であればリスクも低減できますが、その代わりに実入りも少なく、効率的に資産運用するのは難しくなります。

一方、太陽光発電投資は初期費用こそ多いものの、向こう20年間は国が一定価格で買い取ってもらえるという保証があります。

天候不順に左右されるところはネックですが、景気による価格変動に比べるとリスクは低めです。

投資が初めてで、少しずつ試しながら始めたいという人は投資信託向きですが、リスクを抑えつつ、長期間にわたって堅実に投資したいという場合は太陽光発電投資を選択するのがおすすめです。