投資するなら太陽光発電?債権投資?メリットを比較

太陽光発電?債権投資?

流行りの投資方法である太陽光発電投資と債権投資を比較し、どちらがお得なのかを調べたうえで投資対象を決定しましょう。それぞれにメリット・デメリットがありますが、リスクを抑えて少しずつ長期的なリターンを得ていきたいのであれば、太陽光発電投資がおすすめです。

債権投資とは

株式投資よりもリターンは少ないものに、手堅く比較的安定していると言われる債権投資。これは簡単に言えば、誰かにお金を貸して、その利息で儲けるという投資方法です。国にお金を貸す形になるのは国債であり、企業に貸すと社債となります。

債権投資したお金は、事前に決められた期日になれば一定の金利と共に戻ってきます。基本的には元本が変動することはなく、株のような値動きがない分、ローリターンですがローリスクでもあります。対象となる会社や国が破産してなくなってしまわない限り、損失がでることはありません。それでいて、銀行預金の金利よりも高めの債権が多くあります。

債権投資にかかる費用について

国内債券(円建てで発行される)や外国債券(円建て以外の外貨で発行されたり、国外の発行体によったりするもの)は、それぞれ額面の価格が決められています。10万円や100万円、1000ドルや1万ドルなどです。少額から始められる債権投資もありますが、大体10万円くらいから始める人が多いでしょう。後は資産に応じて投資額を決めることになります。

取引所で債権売買を行なう場合は、売買委託手数料とそれに対する消費税がかかることを覚えておきましょう。証券会社の店頭取引であれば、必要な手数料などは提示価格に含まれていることが多いものです。いずれにしても、債権を売買するごとに手数料がかかりますので、短期で小口の取引を繰り返すと経費がかかります。

債権投資の利回りは?

利回り

債権投資では利率より利回り(年間収益の割合)をよく見て選びましょう。たとえば利率3%という債権100万円分を95万円で購入、5年間保有したとします。すると利息は3万円×5年分で15万円、さらに額面金額から5万円安く購入したことによる利益5万円分もプラスされ、5年間での収益は20万円となります。

同じ100万円分の債権をもし105万円で購入したとしたら、5年間の収益は10万円となるわけです。額面金額ぴったりで購入するとは限りませんので、トータルで幾らになるかを事前に計算しておく必要があるのです。

利回りは様々で、日本国債は1%もありませんが、他の外国債券の中には10%近いものもあります。株式はいつ売買するかは市場の値動きを見て自分で決めることになりますが、債権売買は満期が決まっています。そのためリスクとリターンを計算しやすいので、初心者におすすめと言えるでしょう。

債権投資のメリットとデメリットについて

債権投資のメリットは、まず何と言ってもローリスクであることです。そのため初心者にとっても始めやすいと言えるでしょう。あらかじめ決められた利率で、決められた満期に償還されます。

株式投資と違い、値動きによる損失が出ることはありません。たとえ保有している債権の二次市場での価値が下がったとしても、満期になれば額面の金額と利息が償還されるのです。そのため、投資先である国や会社が破たんしてさえいなければ、決まった金額が返ってくることになります。

このようにローリスクの債権投資ですが、銀行預金よりも高い金利が発生します。たとえば日本国債では年に2回のクーポン支払いがあります。しかし銀行の定期預金の利率よりも高い金利が付くのです。

また、二次市場での価値が下がっても満期には額面記載の金額が償還される一方、逆に価値が上がった場合は売却して利益を得ることもできます。

デメリットとしては、利回りは他の投資と比べるとあまり高くないことです。銘柄の種類も少なく、本格的に投資する人には向いていないかもしれません。初心者が5年や10年というスパンでローリスクの投資をしたい場合には、向いていると言えます。

また、債権投資は発行元が絶対倒産しないわけではありません。国や会社の倒産により、元本の返済と利払いがゼロになる可能性もあります。そして外貨建て債権の場合は、極端な円高などの為替変動により損が出る可能性があるということも忘れないでください。

太陽光発電投資と比較した場合

自宅屋根や土地の上に太陽光パネルを設置して発電し、それを電力会社に売ることで収益を得るという投資です。太陽さえ出ていれば発電と売電が可能であることから、リスクを抑えて長く利益を出したい場合に向いています

債権投資と同じく長いスパンでコツコツ利益を生み出す方法ですが、太陽光発電のほうが最初に設置するための費用がかかる分、初期投資の資金を多く必要とします。

しかし金融機関からの融資を利用することもできるため、自己資金ゼロで始めることも可能です。その意味でリスクは少なく、長期的にリターンを得続けていきたい人には、太陽光発電投資が向いていると言えます。

未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。