どっちを選ぶ?太陽光発電投資vs株式投資

株vs太陽光

資産運用方法として昔から活用されている株式投資と、近年注目され始めている太陽光発電投資。

賢く資産運用するにはどちらを選べばいいのか?それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較してみました。

株式投資とは?

まず株式投資の基礎知識について学んでおきましょう。

株式投資とは、企業が発行している株式を売買する資産運用法のひとつです。

企業は株式を発行し、それを投資家が購入することで得た資金を元手に会社の運用を行います。そうして企業の業績が上がった場合、株価も上昇。投資家はその差分で利益をあげられる仕組みになっています

一般に会社の運営のために資金を出す人のことを投資者または出資者と呼びますが、株式を購入して運営を支える人は「株主」と呼ばれます。

株式投資の平均費用

株価は購入する銘柄によって異なる上、毎日変動するので必要な費用は一概にいくらと断定することはできません。

ただ、一昔前なら最低でも数十万円の元手が必要でしたが、近年は1万円程度から購入できる手頃な株式も増えてきました。

一方、太陽光発電投資の場合、自己投資金の目安は特になし。規模の大きな太陽光発電の場合、それだけ融資も受けやすくなるので初期費用0円からの投資も不可能ではありません。

株式投資の利回り

株式投資の1株あたりの配当÷株価によって計算できる配当利回りと、株主優待による優待利回りを足したものがトータル利回りとなります。

そのため利回りは株式の銘柄によって異なりますが、配当利回り+優待利回り=4~5%以上の銘柄を選ぶのがおすすめとされています。

一方、太陽光発電の利回りは8~11%と高く、ハイリターンが見込めます。

株式投資と太陽光発電投資のメリット・デメリット

株式投資はメリットが大きい反面、デメリットもいくつかあるのでリスクをしっかり把握してから投資するようにしましょう。

株式投資のメリット

  • 売却益を期待できる
  • 配当金や株主優待を受けられる

株式投資の株価は常に変動しているため、購入した時の金額より株価が上昇したタイミングで売却すれば利益を上げることができます。

また、株式を保有しているだけで配当金や株主優待を受けることができます。

配当金や株主優待の内容は保有している株式の数によって異なりますが、後者に関してはその企業の商品をもらえたり、サービスを利用するにあたって優遇措置を受けることができます。

太陽光発電投資のメリット

  • 高利回りである
  • 固定価格買取制度によりリスクが低い

太陽光発電投資の利回りは8~11%と高い上、運用開始から20年間は電力会社が固定金額で買い取ってくれる「固定価格買取制度」が適用されるので低いリスクで運用可能です。

株式投資のデメリット

  • 売買リスクがある
  • 破綻リスクがある
  • 流動性リスクがある

株式を購入したタイミングより株価が下がってしまった場合は利益を得られないどころか、損失を被ってしまう可能性もあります。

また、万一株式を購入した企業が経営破綻した場合、保有している株式の価値はゼロになってしまいます。その場合、出資金は取り戻せなくなるため、資産を失う可能性があります。

破綻とまでいかない場合でも、たとえば企業が不祥事などを起こして売り注文が殺到した場合、買い注文が入らなくて取引が成立しないことも。そうすると購入した時よりも低い株価で売却しなくてはいけないケースもあります。

太陽光発電投資のデメリット

  • 天候に左右される
  • 固定価格買取制度以降は保証がなくなる

太陽光発電は天候に左右されるところが難点。もし悪天候が続いた場合、十分な電気料が確保できず、損失を出してしまうこともあります。

また、固定価格買取制度は20年で切れてしまうため、それ以降の安定した収入を得られるかどうか不安が残るところです。

太陽光発電と比較した場合

株式投資の基礎知識がわかったところで、太陽光発電との比較を一覧にまとめてみました。

  太陽光発電投資 株式投資
投資費用 0円~ 1万円台~
利回り 8~11% 4~5%以上
メリット 低資金から投資可
利回りが高い
売却益を得られる
配当金・株主優待を得られる
デメリット 天候によって電気料が左右される 破綻や流動性などのリスクが高い

投資にかかる費用、利回りともに太陽光発電投資のほうが有利であることがわかります。

特に利回りの高さと低リスクは投資する上で大きな魅力

ある程度投資に慣れているのなら株式投資で売却益を稼ぐというのもひとつの方法ですが、リスクを抑えながら長期的なリターンを狙うのなら太陽光発電投資のほうがおすすめと言えるでしょう。