ノースエナジー

ここでは、太陽光発電投資に関する事業を手掛けているノースエナジーについてまとめているページです。ノースエナジーの特徴やどのような太陽光発電投資を行っているのか、メンテナンスや補償内容などについても紹介しているので、興味がある人は参考にしてみてください。

ノースエナジーとはどんな会社?

ノースエナジーは、北海道に本社を構える会社で、太陽光・自家消費型太陽光発電システムのパッケージ販売事業や太陽光・小型風力自社発電事業といったエネルギー事業に加え、携帯ショップ運営事業、Wi-Fiレンタルサービス事業、簡易宿所運営事業などのコミュニケーション事業、さらにファンド組成・ファンド運営などを行うファンド事業などを手掛けています。

ノースエナジーの太陽光発電投資の特徴

オリジナルブランドのノースソーラーファーム

ノースエナジーが企画・販売・管理を行っている発電所のことをノースソーラーファームと呼びます。ノースソーラーファームの特徴は、北海道をメインに発電所を構えていることです。北海道に注目している理由は、大きく分けて3つ。

1つ目は、日射量が多いことです。北海道は日本では北にあり、寒いというイメージが強く日が当たらないと思っている人が多いかもしれませんが、実は他の地域よりも日射量が多いことで知られています。しかも太陽光発電パネルは、あまり温度が上がりすぎてしまうと発電能力が下がってしまうなど、熱に弱いので北海道の涼しい気候は高温による温度ロスを防ぐことができます。

2つ目は、広大な敷地があること。北海道は、他の道府県にはない広い敷地があり、太陽光発電パネルを増やすことができます。これにより、全体の発電量が増加することが見込まれるため、早朝や夕方といった日照量が少ない時間帯でも発電量を底上げすることができます。

3つ目は、傾斜角40度が可能なこと。日本の太陽光発電パネル設置の角度は、傾斜30度程度が最適だとされていますが、これは日本での日の当たる角度に限定された場合のみで、北海道であればより効率が高いとされる40度に設計することが可能です。これにより、発電量の増加が期待できるほか、積雪による影響を少なくすることができます。地上1.4mの地上高なのも見逃せないポイントです。

北海道以外にも展開

ノースソーラーファームは、北海道をメインとしていますが、条件の良い他のエリアにも事業を展開しています。2019年1月現在、関西・中部エリアに35区画、九州・沖縄エリアに40区画の発電所を所有しています。

ノースエナジーのメンテナンス

ノースエナジーでは、発電所のメンテナンスと補償を20年間パッケージで提供しています。遠隔監視ツールで発電量を常に確認しているほか、年に1度の定期点検を実施。万が一、トラブルが起きた場合は、専門のスタッフにより迅速に対応してもらうことが可能です。

ノースエナジーの保証・補償や保険の内容

ノースエナジーが提携している動産保険で20年間、補償してもらうことができ、具体的には火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹災、雪災、水災、電気的・機械的事故、その他不測かつ突発的な事故による損害に対応。さらに出力制御補償制度や財物損壊等による利益損失、第三者への損害賠償なども含まれています。

実際にノースエナジーに行った人の口コミ

口コミが見つかりませんでした。

ノースエナジーが紹介している案件

公式サイトに記載がありませんでした。

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。