太陽光発電の保証期間はどのくらい?

太陽光発電投資は長期間に渡って運用するため、太陽光発電システムに故障や不具合が生じる可能性があります。ここでは安定した投資運用をするために知っておきたい、太陽光発電投資の保証期間についてまとめてみました。

保証の種類と期間

システム保証

住宅向けに販売されている太陽光パネルには、どのメーカーでも最低10年以上のシステム保証がついています。理由はJIS基準によって最低10年以上の保証が定められており、これを満たしていないと国から補助金を受けられないためです。保証期間内の故障であれば、無償で修理や部品交換などに対応してもらえます。ただし、保証プランによっては有償対応になる可能性もあり。部品によっても保証期間が異なる可能性があり、特に壊れやすいパワーコンディショナは保証期間を短く設定しているメーカーが多いので取り扱いには注意しましょう。

出力保証

太陽光パネルの発電性能が規定値を下回った場合、太陽電池モジュールの修理や交換を受けられる保証です。出力保証の保証期間も最低10年以上で、メーカーによっては20~25年とシステム保証より長く設定しているところもあります。保証を受けられる条件もメーカーによって異なるため、導入するメーカーを検討する際は保証期間や条件も合わせて確認しておきましょう。

災害補償

火災をはじめ、台風や地震などの自然災害による災害補償を設けているメーカーもあります。無償または有償どちらの対応になるか、補償が適用される範囲などはメーカーによってさまざまです。基本的な補償内容としては、災害によって太陽光発電システムが正常に機能しなくなった場合に修理や部品交換などにかかる費用を補償してもらえます。

保証を受けるために気をつけたいポイント

メーカーから施工認定を受けている業者から購入する

システム保証や出力保証などのメーカー保証を受けるためには、各メーカーから施工認定を受けている販売店や工事会社からの購入が必須です。メーカー基準を満たしていない施工法で設置された太陽光発電システムでは、メーカー保証を受けられません。そのため、太陽光発電投資をはじめる際は、購入を検討している販売店または工事会社がメーカーから施工認定を受けているかをしっかり確認しましょう。

日頃から発電量の記録をつける

毎日の発電量を記録しておくことで不具合が起きているかどうかの判断基準となり、保証を受ける際のメーカーへの証明にもつながります。特に出力保証は想定される発電量を下回っているかどうかを明らかにする必要があり、安定した投資運用のためにも出力異常の早期発見につながる日々の発電量の記録が重要です。メーカーによってはインターネット上から発電量をチェックできる便利なサービスを提供しているところもあるので、上手に活用しましょう。

長期的に付き合える業者選びも投資成功の要

太陽光発電システム自体は寿命が長いと言われていますが、長期間の使用による故障や劣化はどうしても避けられません。そのため、各メーカーが保証期間を設けており、期間内に何らかの故障や不具合などがあった場合は修理や部品交換などに応じてくれます。太陽光発電業者とは10年以上の付き合いになるからこそ、安心して頼れるようなサポート体制が整っているかが重要です。

保証期間の長さはもちろん、定期的なメンテナンスでシステム異常の早期発見につなげられるかも安定した投資運用には欠かせません。太陽光発電業者を選ぶ際は価格の安さだけでなく、長期的に付き合える相手かどうかにも注目することが太陽光発電投資を成功させるカギとなります。

あわせて読みたい記事

この記事のURLをコピーする
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
未経験者こそ選ぶべき
優良な太陽光発電投資業者3選
Qvou

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

土地付きの発電設備の販売や、損害保険代理店でもあるため保険や保証が魅力

Qvou
QvouHP画像

圧倒的なサポート力

初心者にとって

うれしいプランを用意

損害保険代理店業もやっているQvou。強みを活かし初心者にとって嬉しい保険や保証が魅力。実績も多く信頼できる点もポイント。

エコの輪
エコの輪HP画像

1年間の短期から

始められる

太陽光発電ファンドも用意

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。年2回の点検サービスもあります。他ではやっていない短期投資のファンドも魅力。

アースコム
アースコムHP画像

安定した経営

埼玉第2位の安定した経営で

長期運用も安心

90%以上の高いリピート率で、選ばれ続けている業者。年1回の点検の他、年2回の雑草対策もしてくれるパッケージを用意。